モエレ沼公園-イサム・ノグチ設計 所蔵品展「イサム・ノグチ あかり展」

イサム・ノグチのマスターピースとして知られる照明器具「あかり」。

1950年代に岐阜の伝統産業である提灯と出合って生まれたあかりは、その温かな光とモダンなデザインで、現代でも多くの人々に愛されています。この<あかり>は、ノグチ自身が「生涯でいちばんの作品」としばしば語っていたと言われ、彼の仕事の中でも重要な位置を占める作品です。 今回の展示では所蔵品である約30点を展示し、イサム・ノグチの愛した「あかり」の世界をご紹介します。

« »