イコログ オーナメンタルグラスの講習

イコロの森のグラスガーデン。

左側のミスカンツス・ギガンテウス(Miscanthus x ginanteus)がぐんぐん大きくなっております。まだまだ大きくなりますよ。

昨年植えた、クニフォフィア ‘ロイヤル・スタンダード’(Kniphofia ‘Royal Standard’)が開花しまして、個人的には緑とオレンジがいい感じと思いますが、もっと株が大きくならないとバランスが今一つですね。もっとたくさん植えても良かったな。思い切りが足りないのはいつものことです。

整形式ガーデンを囲むヒバの生垣と周囲の林を背景にしたグラスガーデン。広大に広がる草原とも、スタイリッシュな都会的な雰囲気とも違い、どうなじませるのが正解なのか、まだ答えはわかりませんが、周囲の林を背景としたエリアであるナチュラルガーデン方向にももう少し展開を広げるとうまくつながるのかなと感じています。もともとはそちらにもグラスはありますが、現在ナチュラルガーデンの勢力に押されて、管理が間に合ってないのが現状ですね。この手前のポプラの株元にあるグラスは、風景にもあっていていいなと思ってます。

 

さて、あさって8/5(土)は豊平公園で「やさしい宿根草講座」をやりますよ。

イコロで行っていたプラント・ラボを今年はお休みしていますので、もし、興味のある方は豊平公園までお申し込みください。

明後日のテーマは「オーナメンタルグラスと夏越し」です。

グラスの特徴や活かし方、どんな種類があるのかご紹介します。また、夏真っ盛りの今、花壇で行いたい作業についてお話しします。

豊平公園には今年、イコロの森で植栽した小さな花壇もあります。その花壇も利用した講習となりますので、ぜひご参加ください!

 

【講座詳細】

日時:2017年8月5日(土) 13:30~

場所:札幌市 豊平公園 緑のセンター内

費用:100円

定員:30名(要予約・先着順)

お申込み:豊平公園緑のセンター 011-811-6568 (お申込み受付時間 8:45~17:15)

※イコロの森では受け付けておりませんので、ご注意ください!

« »