自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報 2017年5月19日(金)とアオバト来ました

毎週金曜日にお送りする旭山記念公園野鳥情報です。

2017年5月19日(金)、この1週間の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山記念公園で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

・ムギマキ=5月14日今年初認。18日にも観察された方がおられましたが19日は未確認。例年数日しか滞在しないのでもう北へ渡っていなくなった可能性もあります。

◎新着・・・この1週間で新たに南から渡って来て観察された夏鳥

 

この1週間で2種類の鳥が今年初認となっています。

夏鳥もいよいよ残すは下旬のオオムシクイだけとなりました。

 

 

◎その他夏鳥情報

・キビタキ=5/17に都市環境林で雄2羽のバトルが観察されました。森の家周辺でもまだ見る機会は多く、囀りも先週よりもよく聞かれるようになってきました。

 

・オオルリ=森の家から登山道入口辺りにかけてで囀りが聞かれますが、ここ数日はつり橋近辺でよく囀る声が聞かれ、木の高いところを探すと姿を見られることもあります。今日19日は「ハルニレ広場」(遊具広場)と道路の間の沢でも囀りが聞かれました。

 

・コルリ=森の家の周りでよく囀りが聞かれますが、今年は木の上で囀りしていることが多く姿を見る機会が例年より多いと感じています。17日には森の家周辺で同時に3羽の囀りが聞こえてきましたが、今年は数も多いと思われます。

 

・ウグイス

・ヤブサメ

・センダイムシクイ

・メジロ

・アオジ

・カワラヒワ

これらは「森の家」周辺で比較的よく声が聞かれ、姿も見られます。

 

・シメ=5月18日昨日4羽のを森の家の前で確認。本日も2羽から4羽の声を森の家の周りで聞きました。シメは例年ですと5月中旬までには旭山からいなくなり、夏季の観察例は稀にしかなかったのですが、今年は遅くまでとどまっています。このまま旭山周辺で繁殖する可能性もあるかもしれず、今後要注意で観察してゆきます。

 

・イカル=森の家周辺をはじめ森から「ホヒリホヒィ」という朗らかな声の囀りを聞くことが多くなりました。早朝に囀ることもありますが、昼前によく囀りをしている傾向にあります。

 

・ホオジロ=展望台周辺や噴水広場などで「ツリツリッ」という地鳴きがよく聞かれ姿も見られますが、囀りを聞く機会は減ってきました。

 

・クロツグミ=公園から藻岩山に少し入った辺りで盛んに囀り声を出しているのがまだよく聞こえてきます。

 

・キセキレイ=第2駐車場付近で比較的多く見られます。

 

・ハクセキレイ=展望台から噴水広場にかけてで時々見られますが、西側エリアの山の方ではめったみ見られません。

 

・キジバト=「ボボーホーホーッ」という声が園内の開けた場所でよく聞かれます。

 

・ツツドリ=「ボボッボボッ」という低い声が山から聞こえてきます。時々園内の低い木で近くにいることがありますが、30mくらいに近寄るとすぐに飛んで逃げます。逃げる時に高く飛ばず木と木の間を縫うように低く飛ぶのが特徴です。

 

・ヤマシギ=この1週間では目撃情報は上がっていません。

 

 

 

◎旭山からいなくなった夏鳥

 

・エゾムシクイ=5月17日はまだ園内で囀りを聞くことができましたが、昨日18日今日19日は確認できていません。例年であれば5月12日頃までにいなくなりますが、今年は1羽だけ遅くまで残っていたようです。

 

・ビンズイ=5月17日には森の家の周りで確認できましたが、18日、19日と目撃情報がなく、もう山に移動した可能性が高いです。

 

 

 

◎留鳥の動き

・クマゲラ=この春は園内で時々見られる程度です。

 

・ヤマゲラ=「ピョッピョッピョッ」という甲高い声がまだ聞かれますが、4月よりは少なくなってきました。

 

・オオアカゲラ=旭山都市環境林でもほとんど姿が見られなくなりました。

 

・アカゲラ=「キョッ」という声がよく聞かれ姿も見られます。

 

・コゲラ=姿を見たり声を聞いたりする機会が減りました。

 

・シジュウカラ=まだ囀りを聞くことができます。

 

・ハシブトガラ=囀りはほとんど聞かれなくなり、18日には2羽で巣材運びをする姿が観察されました。

 

・ヤマガラ=囀りはここ1週間聞いていません。

 

・ヒガラ=まだ囀りを聞く機会はあります。

 

・ゴジュウカラ=5月18日まで囀りが聞かれましたが、例年通りであればこの後あまり聞かれなくなり、この後ひと月ほど姿もあまり見られなくなります。

 

 

◎亜種シマエナガ(エナガ)について

シマエナガは5月13日の早朝野鳥観察会の際に都市環境林で2羽同時に見られ、5月17日の旭山野鳥観察会では公園と都市環境林の境辺りで1羽でだけ見られました。

繁殖活動が本格化した可能性があります。

 

◎その他

 

▲旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林で2017年5月18日(木)と19日(金)に確認された野鳥・・・31種

 

(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、シメ、イカル、

カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、メジロ、エナガ、

ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、

キビタキ、オオルリ、コルリ、クロツグミ、センダイムシクイ、

エゾムシクイ、ウグイス、ヤブサメ、ヒヨドリ、キセキレイ、

ハクセキレイ、アカゲラ、コゲラ、ヤマゲラ、キジバト、

ツツドリ、

 

写真は囀りするアオジ雄

20170519AojiM

« »