イコログ カレル・チャペック イギリスだより

2017年が始まりました。あけましておめでとうございます。

今年の年越しも、また飲んだくれて、元日はぐったりしておりました。今日からまた頑張っております。皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、読書は決して嫌いではないのですが、十分に時間と気持ちに余裕がある時でないとなかなか本に手が伸びず、ついついテレビとかパソコンに向かってしまう性質であります。旅行の時は、移動や待ち時間があるので、その時は何か読みたくなるものです。先日の帰省の際も、実家の本棚をごそごそやって、昔読んだ本を一つだけリュックに入れて帰ってきました。思いのほか、帰るのに時間がかかったので、暇つぶしにはちょうど良かったです。映画もテレビも、本も、楽しんでいるときはかなり集中しているんですが、一旦その世界から離れると、ストーリーや内容を一切忘れてしまうことが多いので、結構新鮮に楽しめます。今年の冬はイギリスには行けなさそうだけど、これを読んで、気分に浸って飛行機に乗りました。

 

ガーデナーのみなさんには有名な作家の旅行記コレクション。たぶん100年前くらいのイギリスなんだと思いますが、今と同じ様子だったり、全然町の印象が違ったりして、かなりおもしろいです。最近はやりのイーストエンドはこのころにはかなりダークな町だったよう。確かに最近まで、ちょっと治安悪いとか言ってましたもんね。今じゃあ最先端のイケてるスポットって感じですけどね。ノッティングヒル界隈もこのころはまだあまり良い町ではなかったようですよ。

同じヨーロッパからの旅行者でも、ロンドンは特別っぽいです。そんな旅行記。外国人旅行者目線、ガーデナー目線のイギリスが書かれているので、共感出来ることも多いです。ガーデンやイギリスが好きなひとにはおもしろいと思い、珍しく本の紹介をしましたが、自分が読んでいる本の紹介をするというのは、なかなか照れますね。

 

 

PLANT OF THE DAY 14

Phlox divaricata ‘Clouds of Perfume’ フロクス ディワリカタ ‘クラウズ・オブ・パフューム’

写真の一番手前の青い花がそれです。晩春(イコロでは5月末から6月初旬くらい)に見ごろを迎えます。ユリ咲きのチューリップとちょうどいい感じですね。種名のディワリカタは、広がって成長する、という意味を持ちます。その通り、マット状に成長するので、グラウンドカバーには良いでしょう。品種名の‘クラウズ・オブ・パフューム’からは香りが立ちこめる印象が伝わりますね。花もたくさん咲きます。まだまだガーデンが静かな時に開花するので大変ありがたくもあります。今年はボーダーから掘り取ったので、少し安めに設定出来そうですよ。ぜひ、この機会に植えてみてください。白花品種の‘ホワイト・パフューム’もあります。(写真:イコロの森 ボーダー/2014.06.01)

« »