自然情報 – 西岡公園 12月27日の園内

今日の西岡公園は晴れ間が広がり穏やかです。

園内では野鳥たちの鳴き声や姿も見かけられました。

クマゲラが鳴き交わしていたり、キクイタダキがアカエゾマツの枝の間でせわしなく飛び回っている姿も見られましたよ。

クマゲラが穴をあけた木

クマゲラのオスが盛んに木をつついていました。

「クイーン」と繰り返し鳴いています。

しばらくしてから飛び立つと「コロッコロッ」と鳴きながら森の方へいきましたよ。

他にはヤマゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、キバシリ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラがいましたよ。

雪が積もった木道

木道には雪が積もっています。

雪が積もった園内の様子

森のなかにもたくさん積もっています。来園者の足跡がついていますね。

雪の上の足跡

エゾリスの足跡でしょうか。

雪の上にはいろいろな生きものたちの足跡が残されています。

ついさっき通ったのかな?などと考えるのは楽しいですね。

トドマツの雄花の花がら

トドマツの雄花の花がら

トドマツの樹の下にはこんなものがたくさん落ちていましたよ。

トドマツの雄花の花がらでしょうか。

雪の上に落ちているカエデの果実

カエデの仲間の果実

雪の上にあるシナノキの果実

シナノキの果実

雪の上にオオバボダイジュの果実

オオバボダイジュの果実

枝ごと雪の上に落ちていたケヤマハンノキの果実

ケヤマハンノキの松かさ状の果穂

ケヤマハンノキの枯れ葉

ケヤマハンノキの枯れ葉もありましたよ。

穴だらけでレースのようです。

夏の間、ケヤマハンノキの葉にはいろいろな虫たちが集まって、むしゃむしゃと食べていましたよ。

ケヤマハンノキの果穂の隙間に詰まっている果実にはマヒワ、ベニヒワ、カラ類などの野鳥が集まってきて食べていましたよ。

樹木もいろんな生きものの命を支えているんですね。

 

西岡公園管理事務所は、12月27日から1月4日の期間を休館させていただきます。

年明けは令和4年1月5日木曜日から通常通りの開館となります。

(12月から3月は毎週火曜日、水曜日が休館日です)

お間違えのないようご注意ください。

年末年始の期間中、公園内はご利用いただけますので、落雪や落ち枝、足元等に十分ご注意のうえでご利用ください。

どうぞ良いお年をお迎えください。

 

西岡公園管理事務所スタッフ一同

 

 

 

 

« »