開花情報 – 百合が原公園 百合が原緑のセンター開花情報(12月20日)

こんにちは!本日は寒さも緩み、公園内も散策やバードウォッチングを楽しまれている方も多くいらっしゃいました。日中は晴れ間も広がり、お家にいるのがもったいないような日和の一日でした。

百合が原緑のセンターの温室ではシンビジウムの展示も始まっていましたよ!

大きく黄色い鮮やかな花を咲かせるシンビジウム‘スリーピングビューティー サカキ’

シンビジウム ‘スリーピングビューティー サカキ’(ラン科 シュンラン属)

一つの花茎から大きく美しいをいくつも咲かせ、開花期間も長いため冬の贈答用鉢花としてやアレンジメントの切り花として大変人気があるシンビジウム。

こちらの温室では、日本に初めて持ち込まれた洋ランと言われているシンビジウム トラシアナムや、小輪の白花がまとまって咲かせる下垂性のシンビジウム ’サラジーン アイスキャスケード’なども今後開花を始めていきます。

このほか、大温室の奥の板壁前で見頃を迎えているコウテイダリア。いまだに蕾がたっぷりとついており、今月末までまだまだ見頃が続きそうです。

いまだにたくさんの蕾をつけているコウテイダリア コウテイダリアのアップ

コウテイダリア

寒さと雪の季節となりましたが、百合が原緑のセンターではさまざまな植物の開花がすすんでいます。今後も開花、見頃を迎えた植物の情報をお知らせしますね。どうぞお楽しみに!

【百合が原緑のセンター】

開館時間:8時45分から17時15分 

観覧料金:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

休館日:月曜(月曜祝日の場合、翌平日休館)

« »