開花情報 – 百合が原公園 大雪を迎えて

朝から雪が降り続いていた北区百合が原。なるほど、確かに昨日12月7日から二十四節気「大雪」に入っていましたね。

午前中のセンター前広場

二十四節気とは、春夏秋冬の4つの季節をさらにそれぞれ6つに分けたもので、豊かな四季が楽しめる日本では、その季節を表す言葉としてよく耳にされるかと思います。

世界の百合広場へと続く園路

雪は今も降ったり止んだりを繰り返していますが、百合が原緑のセンター前や「世界の百合広場」の園路は除雪を行っています。雪が止んだ合間を縫って、公園内の散策を楽しまれている方々の姿もありました。

日々寒さが厳しくなっていきますが、緑のセンターではギョリュウバイが開花していましたよ。

ギョリュウバイ‘スカーレット ドレス’

ギョリュウバイ ‘スカーレット ドレス’(フトモモ科 ギョリュウバイ属)

ニュージーランドやオーストラリア原産のギョリュウバイは、葉が中国原産の「御柳(ギョリュウ)」という樹木に、花はウメの花に似ているため「御柳梅(ギョリュウバイ)」という和名が付けられました。現在、真紅のものと薄桃色の鉢物のギョリュウバイが展示中です。

大温室の中央には柑橘系の植物が並び、そのまわりを囲むようにツバキも展示されています。

大温室の柑橘系植物

雪が盛んに降り始め、山だけでなく平地でも雪が降り積もる時期とされている「大雪」。この後、「冬至」へと暦の季節も変化していきますが、百合が原緑のセンターでは、この時期だからこそ楽しめる植物も増えていきます。

【百合が原緑のセンター】

開館時間:8時45分から17時15分 

観覧料金:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

休館日:月曜(月曜祝日の場合、翌平日休館)

※車でお越しの場合は、緑のセンターに一番近いP2駐車場のみ8時45分から17時15まで無料開放しております。こちらをご利用ください。

※百合が原公園は、休園は無く24時間開放しています。

« »