開花情報 – 百合が原公園 今日の百合が原公園(11月27日)

昨日までと比べて、一気に寒さが増してくるとの予報だったので、今朝はしっかり着込んで公園内を撮影。ただ、思いのほか暖かい日差しがあったので、撮影が終わるころは少し汗ばんでくるほど。雪のない園路を散策できるのも、あと数日なのかもしれませんね。

緑のセンター横のボーダー花壇 駅舎前の園路の様子

緑のセンター横のボーダー花壇や駅舎前の園路では、降り積もる雪から植物達を守れるように冬囲いが施されていました。

ツルの剪定も進んでいる公園南側の藤棚

公園南側の藤棚では、フジづるの剪定も進みスッキリとした装いになっています。この頃になると紅葉の時期も終わり、色合いを楽しむ植物が減ってきますが、最近こちらの藤棚の近くで紫色の実のついた植物についてお問い合わせがありました。

藤棚横のコムラサキ

すでにこちらも雪対策のために繩巻きがされていますが、こちらの植物はコムラサキです。園路から少し距離があるため見えづらいかもしれませんが、つやのある鮮やかな紫色の実がびっしりとついています。

コムラサキの実

6月から8月にかけて花を咲かせるコムラサキですが、どちらかというと秋に美しい紫色に色づく実のほうが魅力的とされています。秋から冬へと季節が進む中で、色づいた木々の実を見つけると、少し幸せな気分になれるということかもしれませんね。

ロックガーデンの山野草花壇の様子 シャクナゲの木にも冬囲い

ロックガーデンの山野草が楽しめる花壇では、落ち葉が絨毯のように一面に広がり、シャクナゲにも冬の寒さから守られるようしっかりとムシロが巻かれています。各所で冬支度も万全となりつつありますが、緑のセンター温室では、ツバキやサザンカのほか、先日開花のお知らせしていたコウテイダリアも咲き進んできています。

アブツバキ系‘秋一番’ アブツバキ系 ‘秋一番’

次々に花が開き始めたコウテイダリア コウテイダリア

このほかに、緑のセンターの中温室では【クリスマスディスプレイ展】が開催され、これに併せて公園内の植物を使った花材や雑貨などの販売コーナーも設置されています。

クリスマスディスプレイ展会場 クリスマスディスプレイ展会場

展示会会場の販売コーナー 受付横の販売ブース

明日からはより寒さも厳しくなり、雪の話も聞こえてきました。百合が原公園では、この時期だからこそ楽しめる植物の開花や、イベントがお楽しみいただけています。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。みなさまのお越しをお待ちしています。

【百合が原緑のセンター】

開館時間:8時45分から17時15分 

観覧料金:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

休館日:月曜(月曜祝日の場合、翌平日休館)

【クリスマスディスプレイ展~個性あふれるナチュラルリース~】

開催期間:2022年11月8日火曜日から12月18日日曜日まで

開催会場:百合が原緑のセンター中温室

※車でお越しの場合は、緑のセンターに一番近いP2駐車場のみ現在無料開放中ですので、こちらをご利用ください。

※百合が原公園は、休園は無く24時間開放しています。

« »