自然情報 – 西岡公園 11月26日の園内

自然情報

 

今日の西岡公園は朝、大きな虹が見えていましたよ。

それも束の間で、すぐに雨が降り始めました。

園内は雨音と、小さくつぶやくような鳥の声が時々樹上から聞こえます。

池と取水塔

池の周りの木々もすっかり葉を落としました。

カラマツの黄色い紅葉もほとんど落葉したようです。

そうなるとシラカバの樹皮の白さが引き立ち始めます。

池で泳ぐカワアイサの群れ

池ではカワアイサという大型のカモが群れで魚などの餌を採っています。

一斉にトポンと水に潜ってはしばらくすると次々に浮かび上がってきます。

集団で池をぐるぐる移動しながら狩りをしていましたよ。

休んでいるマガモ

マガモやキンクロハジロは池のふちの方で羽の中に頭を差し込んで休んでいます。

湿原のアシと遠くに見えるアズキナシの赤い実のついている木

湿原も、奥の山もすっかり冬の色彩ですが、時々赤い実をたくさん付けた樹木を見かけます。

赤いアズキナシの果実

赤いのはアズキナシの果実でした。今年の西岡公園はアズキナシがたくさん果実を付けています。

市内では今年はナナカマドがたくさん赤い果実を付けているようですね。

レンジャクが食べに来てくれるのを楽しみにする声が聞こえてきます。

ツルウメモドキの果実

ツルウメモドキの果実も鳥が食べに来ます。

ワタゲカマツカの赤い果実

ワタゲカマツカもたくさん果実を付けています。

ここにも鳥は来てくれるでしょうか。

フッキソウの常緑の緑色の葉

フッキソウの葉が雨に当たっていっそう鮮やかです。

常緑の樹木です。

白い果実をつけますが、園内では今年はあまり見かけていません。

 

展示「ふゆはあつまることりたち」が始まりましたよ

 

西岡公園の展示室では季節ごとの生き物たちの展示をしています。

冬は木の葉が少なくなりバードウォッチングがしやすい季節です。

カラ類などの野鳥とシマエナガなどが一緒に群れになって行動する「混群」も観察しやすい季節です。

野鳥の展示

鳥の羽根

野鳥のフェルトの模型

シマエナガの巣

園内で冬によく見かけるカラ類などの「混群」する野鳥を中心に紹介していますよ。

西岡公園では、風や雪で落ちた古巣や拾ったいろいろな野鳥たちの羽根を保存していました。

今回は実物を展示してみましたよ。

間近に見られる機会なので是非一度ご覧ください。

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公園をご利用される際には、以下の対策についてご協力をお願いします。

他の人と距離をあけて利用しましょう。

すいた時間、場所を選び、混んでいるときは利用を控えましょう。

管理事務所への出入りの際には手指消毒にご協力下さい。

短時間のご利用にご協力ください。

大人数の飲食・飲酒を伴う集まりは控えましょう。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。
ご不明な点がございましたらスタッフへお申し出ください。

寒さ対策をした装いと、歩きなれた靴で散策をお楽しみください。皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »