開花情報 – 百合が原公園 本日より【盆栽展】開催です

百合が原緑のセンター大温室では、本日9月17日(土)から【盆栽展】を開催しております。愛好家のみなさまが丹精込めて育てた珠玉の作品20席67鉢がならびます。

盆栽展会場

盆栽は古典園芸として江戸時代以前から親しまれており、近年は、従来のマツなどの常緑樹で作った大鉢だけではなく、花や実、草を楽しむものや石などと組み合わせて風景を作るものの他、ミニ仕立てなど作品の作り方も多様になってきています。

主木カラマツ 添えはヒメタムラソウ

主木カラマツ 添えヒメタムラソウ
盆栽の代表ともいえる黒松や赤松など、常緑樹を総称した「松柏盆栽」。こちらのカラマツは落葉樹ではありますが松柏盆栽に含まれ、四季によって樹姿の変化が魅力と言われています。

 

主木イロハモミジ 添え斑入りツワブキ

主木いろはもみじ 添え斑入りツワブキ

野山の自生している自然の落葉樹を盆栽として仕立て、四季の移ろいを楽しむ「雑木類盆栽」には、ツタやヤナギなど葉がある時期に観賞を楽しむものや、落葉後の寒樹を楽しむケヤキやカエデ、モミジなどがあります。

 

ヒメリンゴ ナナカマドの一鉢

また可愛らしい実成りの風情を楽しむ「実物盆栽」。

 

ダイモンジソウの一鉢 草物盆栽の一鉢

山草や野草を使って仕立てられた「草物盆栽」などもあり、秋の豊かな風景も楽しめる会場となっています。

ミニ盆栽なども展示 ミニ盆栽なども多数並ぶ

種類によっては室内で気軽に楽しめるものもあり、初心者でも比較的簡単に育てることができます。

盆栽は敷居が高いというイメージがありますが、庭や広い土地を必要としないスタイルのものも登場し、徐々に身近なものになってきています。

女性が好む可愛らしいものも増え、時代に合わせて盆栽も進化しています。是非、盆栽の奥深さを感じにお越しください。

なお、会期の短い展示会となっております。興味のある方はお早めにお越しください。

【盆栽展】

開催期間:2022年9月17日土曜日から9月19日月曜祝日まで ※最終日は15時まで

開催会場:百合が原緑のセンター大温室

【百合が原緑のセンター】

開館時間:8時45分から17時15分

観覧料金:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

休館日:月曜(月曜祝日の場合、翌平日休館)

 

« »