開花情報 – 百合が原公園 キレンゲショウマ開花を始めました(ダリアの開花情報も併せてお知らせ)

暑さもひと段落し、空に広がる雲や涼やかな風に秋の気配を感じられるようになってきました。百合が原公園の【世界の庭園】では、キレンゲショウマが開花を始めていました。

開花を始めたキレンゲショウマ

キレンゲショウマ(ユキノシタ科 キレンゲショウマ属)

近畿南部や四国、九州などの高山に自生している多年草の植物です。例年9月に入ってから開花のお知らせをしていたことが多かったのですが、今年は少し早めの開花となりました。

たくさんの蕾が今年はついているキレンゲショウマ

今朝確認したところ、濃い緑色の葉にひときわ目立つ鮮やかな黄色い円錐形の花が、5つも開き始めていました。例年にないほど多くの蕾もつけてくれているので、今後開花が進むとかなり見応えのある様子がお楽しみいただけそうです。

ギボウシ‘グランディフローラ’ 白いシュウメイギク

キレンゲショウマの周りでは、シュウメイギクやサラシナショウマ、花だけでなく葉色も楽しめるギボウシなども植栽され、ゆっくりと深まる秋の風景が楽しめています。

こちらは夏から秋に向かう季節に豪華に咲き誇るダリア花壇の様子です。

色とりどりのダリアが咲き揃い始めているダリア園

華やかな風景が広がっているダリア園では115品種、このほかにリリートレイン沿線花壇では72品種、世界の庭園でも57品種が植栽され、総数3,000球ものダリアが公園内を飾ります。

ダリア‘サックルピコ’ ダリア‘詩織’

百合が原公園では、北海道で育種され北国の風土に合ったダリアを中心に栽培しています。

ダリア‘雛あられ’ ダリア‘秋あかね’

同じ品種でも、夏の暑い時期に咲いたダリアより、昼夜の寒暖差がある秋のダリアの方がより一層花色が鮮やかになり、その変化が楽しめるのも北海道ならではのダリアの楽しみ方です。

ダリア‘アイボリー’ ダリア‘みかん山’

花色や花形が多彩なダリアがいよいよ見頃を迎えます。

キレンゲショウマやシュウメイギクといった秋の山野草と、華やかな装いのダリアも楽しめる百合が原公園で、少しずつ深まる秋をお楽しみください。

【世界の庭園】

札幌市の3つの姉妹都市(瀋陽、ポートランド、ミュンヘン)と日本庭園で構成された施設

営業日:4月23日土曜日から11月3日木曜祝日まで毎日営業

※日本庭園は8月17日水曜日より改修工事中のため観覧できません。

開園時間:8時45分から17時15分(入園は16時45分まで)

入園料:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

【百合が原公園】

場所:百合が原公園「ダリア園」

料金:無料(有料施設は除く)

開園日時:終日入園可(但し、有料施設は除く)

駐車場:P1、P2、P3駐車場はいずれも開放中(無料)

« »