自然情報 – 中島公園 本日の中島公園

お盆も過ぎ、朝夕はずいぶん涼しくなってきました。今日はお日さまが出たり、急に曇ったりと変わりやすい天気です。公園内、所々に秋の気配を感じ始めています。
菖蒲池の水際の紅葉は、枝の先端が少し赤く色づいてきました。
葉先が少し赤く色づき始めた菖蒲池の水際の紅葉

8月下旬に入り、雲間に見える青空が幾分、高く見えます。
雲間に見える青空と菖蒲池

香りの広場、彫刻「母と子の像」の後ろでは今、2回目のギョリュウの花が咲いています。6月には、前年の枝に花が咲き、二度目は、8月から9月に今年伸びた枝に花が咲きます。
彫刻「母と子の像」と、2回目の花が咲いている樹木の「ギョリュウ」まし

北海道新聞に花と緑のコンサルタント代表の笠 康三郎さんがコラム「さっぽろ植物記」でとても詳しく、わかりやすく植物のことを解説しています。先日も、このギョリュウのことが掲載され、2回花が咲くことを新聞の記事を見て知った・・・という方もいらっしゃいました。樹木「ギョリュウ」6月に咲いた花殻のなかで、薄ピンク色の小さい花が、花序になって可愛く咲いています。
ギョリュウの花、薄ピンク色の小さい花

植物などを通して、夏から秋へと変わっていく様子や、またその景色を見に中島公園へ、いらっしゃいませんか。

 

« »