開花情報 – 百合が原公園 マグノリア アシェイが開花を始めました

毎日多くの方に足を運んで頂いている、百合が原公園の人気の施設【世界の庭園】では、現在もメコノプシス・ホリドゥラが開花中ですが、道内ではなかなかご覧いただけないマグノリア アシェイも本日開花しました。

世界の庭園内の瀋芳園前で開花したマグノリアアシェイ

マグノリア アシェイ(モクレン科 モクレン属)

マグノリア アシェイは北米フロリダ州に自生するモクレン科の植物で、北海道のように冬が厳しい土地では越冬することが難しく、道内でもほとんど植えられていない植物です。

冬囲いをされるマグノリアアシェイ 冬囲いが完了したマグノリアアシェイ

そのため、百合が原公園では雪や厳しい寒さから守るように、ほかの樹木とは異なる特別な冬囲いを施し越冬させて管理しています(2021年11月下旬撮影)。

 

大きく花開いたマグノリア アシェイのアップ

比較的大きな花を咲かせるマグノリア類の植物の中でもマグノリア アシェイは特に大きく、直径は30センチから40センチにもなります。美しい白い花色とやわらかな芳香も楽しめる魅力的な花を咲かせますが、1つの花は2日から3日程しか持ちません。ただ、昨年に引き続き今年も蕾を多く付けているため、今後もしばらくその珍しい花姿をご覧いただけると思います。

マグノリアアシェイ全景

花を間近で楽しんでいただけるように、高さも3メートルほどに抑えているマグノリア アシェイは【世界の庭園】内の瀋芳園の向かいに植栽されています。

また、こちらはお問い合わせが多くなってきたリリートレイン沿線のシャクヤク、今朝の様子です。

リリートレイン沿線のシャクヤク

色の濃いシャクヤク2種類ほどが一部開花を進めていますが、全体の見頃はもうしばらく先になりそうです。

本日は午後から少し雲が広がり始め、明日以降も天候は優れない予報ですが、初夏に向けてバラなどの開花も進んできています。

お近くにお越しの際は、百合が原公園の初夏の植物をご覧にぜひお立ち寄りください。

【世界の庭園】

札幌市の3つの姉妹都市(瀋陽、ポートランド、ミュンヘン)と日本庭園で構成された施設

営業日:4月23日土曜日から11月3日木曜祝日まで毎日営業

開園時間:8時45分から17時15分(入園は16時45分まで)

入園料:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

【リリートレイン】

期間:令和4年4月23日土曜日から10月30日日曜日まで

運行時間:始発10時00分、最終15時30分または15時40分

4月から6月、9月は平日と土曜日が30分間隔、日曜祝日は20分間隔

7月、8月は平日30分間隔、土日祝日は20分間隔

10月は平日運休、土日祝日は30分間隔

運休日:4月から9月は無休、10月は平日運休

乗車料金:小学生以上1人1回360円 ※未就学児、65歳以上、障がいのある方は証明書等提示で無料

【百合が原公園管理事務所よりお知らせ】

施設のご利用やウォーキング、ペットを連れての公園内の散歩などでお越しの際は、マスクの着用、手洗いや手指の消毒、周りの方とのソーシャルディスタンスを保つなど、基本的な感染予防対策の取り組みへご協力いただけますようお願いいたします。

« »