自然情報 – 西岡公園 12月24日の園内

今朝の西岡公園

気温は冷え込み、午前中は強い日差しが眩しい園内となりました。

管理事務所の周りの樹木には、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラなどのカラ類の混群が飛び回っていたり、キバシリが木の幹の周りをぐるぐる回っている姿が見られましたよ。

湿原の木道ではシマエナガにも会えましたよ。素敵なクリスマスイブです。

 

雪の積もったヤドリギ

ヤドリギに積もった雪が残っていて重そうです。

赤い実は鳥たちに食べられて少なくなってきましたよ。

ヤドリギにはクリスマスにまつわる言い伝えがたくさんありますね。

 

石の周りが凍った川

川も石の周りに氷がついていました。

オニグルミの冬芽

オニグルミの冬芽です。

葉痕( 落葉 して茎の表面に残された跡)が何かの顔に見えませんか?

 

キタコブシの冬芽

キタコブシの冬芽です。

銀色の毛に包まれています。

冬芽は樹種によって個性豊かで、観察が楽しいです。

 

トドマツの種子と種鱗

トドマツの種子と種鱗が雪の上に落ちていました。

トドマツは球果(マツボックリ)の姿で落ちてくることははとんどなく、

種子を支えていた種鱗と種子がバラバラと軸から外れてばらまかれます。

双眼鏡でのぞくと樹の高い所の梢の先に、球果の軸が見えますよ。

 

園内の自然散策にいらした際には管理事務所にもお立ち寄りください。

現在販売コーナーでは、お正月を迎える「ミニ門松」や

干支の「寅のオブジェ」などを販売していますよ。

木の実などで作られた干支の寅

木の実などで作られた干支の寅です。

木の実などで作られた干支の寅

着物の帯や木の輪切りの台座付きです。表情がそれぞれ違って楽しいです。

ミニ門松

西岡公園の自然の材料で作られた「ミニ門松」。

細かいところまで丁寧に作られていて美しいです。

西岡公園のボランティア「森の工作」の皆さんがひとつひとつの手づくりしてくれました。

 

カラ類の見分け方とシマエナガ

管理事務所の展示室では「カラ類の見分け方とシマエナガ」の展示を始めました。

園内で見られる野鳥たちを紹介しています。

野鳥の羊毛フェルトの模型

野鳥の羊毛フェルトの模型もありますよ。

野鳥の羊毛フェルトの模型

カラ類やシマエナガなどのこの季節に観察しやすい野鳥を見分けられるようになって冬の自然観察を楽しみませんか。

 

園内は雪が積もっています。

暖かい服装と長靴などの装いで散策をお楽しみください。

木の上からの落雪や、滑りやすい足元にもご注意ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

「西岡公園にお越しの方へお知らせ」

公園周辺の道路、公園内の散策路が凍結しています。

お車や服装は、冬の装いでご来園されることをお勧めいたします。

※公園をご利用される際には、以下の対策についてご協力をお願いします。

他の人と距離をあけて利用しましょう。

すいた時間、場所を選び、混んでいるときは利用を控えましょう。

マスクをつけましょう。

利用後はしっかり手洗い・うがいをしましょう。

短時間のご利用にご協力ください。

大人数の飲食・飲酒を伴う集まりは控えましょう。

 

皆様にはご迷惑をおかけしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のためご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。

ご不明な点がございましたらスタッフへお申し出ください。

※園内の動植物を採取しない、園路から外れない等マナーのご協力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

« »