自然情報 – 西岡公園 7月10日の園内

今日の西岡公園は明るい曇り空の下に心地よい風が吹いています。

池ではマガモが羽根に顔をうずめて休んでいました。

 

木道沿いでは夏の花がぽつぽつと咲き始め・・・

 

オオウバユリの花

オオウバユリの花が咲き始めました。

高さが1から1.5メートルにもなります。

花を咲かせるには種から発芽してから8年、あるいはもっとかかるものもあるようで、開花した母体は秋には枯れてしまいます。

秋には果実の中から種子が風に飛ばされていきます。種子は500個くらい入っているようです。

地下には鱗茎がありそこからも増えます。

 

オニシモツケの花

オニシモツケの花が見頃です。

これも1から2メートルになる大型の多年草です。

 

ウチワドコロの花

ウチワドコロの小さくて目立たない花が咲いていました。

つる性の多年草で3メートルほどになります。

 

森も中の園路沿いにもひっそりと花が咲いています。

 

キヨスミウツボの花

キヨスミウツボの花。

キヨスミウツボの花

キヨスミウツボの花。地面からぽつぽつと2センチほど顔を出して咲いています。

長さ10センチの茎の大部分が地中にある寄生植物です。光合成しないので葉緑素ががありません。

ヒトツバイチヤクソウの花

ヒトツバイチヤクソウの花が咲いていました。

常緑の多年草であるイチヤクソウの葉の退化した一群です。

部分的菌従属栄養植物で、葉がほとんどなく、エネルギーのほとんどを菌類から得ています。

 

ナンバンハコベの花

ナンバンハコベの花が咲いています。

1.5メートルくらいに分岐しながら伸びていく、つる性の多年草です。

ナンバンハコベの果実

ナンバンハコベの果実です。直径1センチくらいで熟すと黒くなります。

 

他にもキツネノボタン、オオダイコンソウ、サルナシ、ウマノミツバ、ハエドクソウなどの花を見かけましたよ。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

※公園をご利用される際には、以下の対策についてご協力をお願いします。

他の人と距離をあけて利用しましょう。

すいた時間、場所を選び、混んでいるときは利用を控えましょう。

マスクをつけましょう。

利用後はしっかり手洗い・うがいをしましょう。

短時間のご利用にご協力ください。

大人数の飲食・飲酒を伴う集まりは控えましょう。

 

皆様にはご迷惑をおかけしますが、感染拡大防止のためご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。

ご不明な点がございましたらスタッフへお申し出ください。

※園内の動植物を採取しない、園路から外れない等マナーのご協力をお願いします。

 

「西岡公園にお越しの方へお知らせ」

ダニ、ウルシ、ハチ等の対策に肌を出さない服装でお越しください。

 

 

 

« »