自然情報 – 西岡公園 3月27日の園内

今日の西岡公園は暖かい陽射しが降り注ぎ、雪がどんどん解けて園内のいたるところに水がちょろちょろと音を立てて流れています。

工事中で立ち入れなかったエリアも入れるようになり、新しくできた木道には来園者の散策されている姿が見かけられました。

久しぶりに歩く園路にはクマゲラの食痕の大きな穴があったり、ミズバショウの芽がのぞいていたり、発見がたくさんでしたよ。

クマゲラの食痕

クマゲラの食痕

クマゲラの食痕

クマゲラの食痕。大きく穴をあけましたね。木の中にいるアリなどを食べた痕です。

木の根元には木くずが山盛りになっていました。

クマゲラは黒い体に頭が赤く、カラスと見間違えるほど大きなキツツキです。

開ける穴も大きいですね。遠くでクマゲラの鳴き声が聞こえていました。

ミズバショウの芽

ミズバショウの芽が出ていました。

咲くのは例年4月の初旬頃からが多いのですが、今年はどうでしょうか。

ミズバショウの展示も管理事務所で始まりました。

お立ち寄りの際にはご覧ください。

新しい木道

新しい木道を歩くと新しい視点から湿原を眺めることになりなんだか新鮮です。

池の解けている部分

湿原から池に水が流れ込む辺りは氷が解けています。

マガモやカイツブリの姿が見られましたよ。

 

現在、散策路は雪や氷で滑りやすくなっています。

長靴などで散策をお楽しみください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

※園内の動植物を採取しない、園路から外れない等マナーのご協力をお願いします。

※マスクを着用する、一定の距離の確保の心がけ、混み合っている時の利用を控える等々対策をしてご利用ください。

 

「西岡公園にお越しの方へお知らせ」

公園周辺の道路、公園内の散策路が凍結することがあります。

お車や服装は、冬の装いでご来園されることをお勧めいたします。

 

 

 

« »