大通公園 -公益 財団法人 札幌市公園緑化協会 春を待つサラサモクレン

いつもは寒い2月中旬ですが、札幌はプラス気温が続いていますね。

冬の間も公園内の樹木たちは、春を迎える準備をしています。

西12丁目のサラサモクレンの蕾が膨らんできました。

青空をバックにサラサモクレンの蕾が膨らんでいる画像

青空をバックにサラサモクレンの蕾が膨らんでいる画像

ふわふわの蕾がかわいらしいですね。

大通公園内西7丁目インフォメーションセンター&オフィシャルショップ内では、

昨年2020年12月23日に折れてしまったサラサモクレンの枝を保護しています。

ショップ内の暖かさで、一足早くピンクの花びらが開いてきました。

2月7日に初めてピンクの花びらをのぞかせました。

蕾が緩み始めピンクの花びらが見え始めたサラサモクレン2月7日の画像

2月7日

花びらが緩み始めたサラサモクレン2月8日のアップの画像

2月8日

蕾が膨らんできましたよ。

ピンクの花びらが見えるサラサモクレンとまだ見えない蕾の2月9日の画像

2月9日

花びらがすべて顔を出しました。

花びらが緩み始めたサラサモクレンのアップの2月10日の画像

2月10日

花びらが開いてきています。

もうひとつの花びらが緩み始めたサラサモクレンのアップの2月11日の画像

2月11日

花びらが緩み始めたサラサモクレンのアップの2月11日の画像1

2月11日

並ぶと開き方に個体差があるのがよくわかります。

花びらが緩み始めた2つのサラサモクレンのアップの2月12日の画像

2月12日

花びらが開き始めたサラサモクレンのアップの2月13日の画像

2月13日

花びらが緩んでいるサラサモクレンのアップの2月13日の画像

2月13日

毎日少しづつ変化があり、楽しく観察しています。

また、開花の過程をお知らせします。どうぞお楽しみに。

 

 

 

« »