自然情報 – 西岡公園 2月10日の園内

今日の西岡公園は、雪がフワフワ降るなか時おり日差しが射し込み穏やかです。静かな園内には鳥たちの鳴き声が聞こえています。ハシブトガラ、ゴジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツグミ、ヒヨドリ、シマエナガ、ハシブトガラス、トビ、カケス、コゲラ、キクイタダキなどをみかけましたよ。

オオバボダイジュの実

オオバボダイジュの実。まだ枝についているものもあります。

シナノキの実

シナノキの実。これもまだ枝についているものもあります。オオバボダイジュの実と似ていますね。両方ともシナノキ科です。

夏の初めには白い小さな花が枝がたわむほどたくさん付いていて、とても良い香りが園内に立ち込めていました。

イワガラミ

イワガラミ。長さ2~3センチの一枚のがく片がついています。つる性の木で他の木に絡みつきます。見上げると枯れた花がまだ木に付いているのが分かります。今日は雪の上にあるのを見つけることが出来ました。

ノリウツギ

ノリウツギ。高さ5メートルくらいの木です。がく片は3~4枚で上に向かって円錐のような花の塊が特徴です。これも枯れた花がまだ木についているので観察できますよ。

ツルアジサイ

ツルアジサイ。つる性の木で他の木などに登ります。よく、雪の上に転がっているのを見かけます。木に付いたままのものもまだあります。がく片は3~4枚です。

イワガラミとの違いはがく片の数を見ると分かりやすいです。

イワガラミ、ノリウツギ、ツルアジサイの3つともユキノシタ科です。感じが似ていますね。

 

エゾリスの足跡

エゾリスの足跡です。今日はたくさん見かけました。

キタキツネの足跡

キタキツネの足跡。これもあちらこちらで見かけました。

 

散策路は雪や氷で滑りやすくなっています。足元にお気をつけて散策をお楽しみください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

※園内の動植物を採取しない、園路から外れない等マナーのご協力をお願いいたします。

※マスクを着用する、一定の距離の確保の心がけ、混み合っている時の利用を控える等々対策をしてご利用ください。

 

「西岡公園にお越しの方へお知らせ」

公園周辺の道路、公園内の散策路が凍結しています。

冬の装いでご来園されることをお勧めいたします。

 

 

« »