イコログ クロバナフウロ

Geranium phaeum ‘Album’

Geraium phaeumのファエウムはラテン語のPhaeusが語源で、花の色を表す「茶色がかった」という意味です。日本語では、「クロバナフウロ」だけど実際は確かに茶色っぽいというか、栗色っぽい花色ですもんね。

ところで、Geranium phaeum ‘Album’の’Albumは「白い」という意味ですから、この品種は白い花が咲きます。ので、あえて日本語で言うなら、「シロバナクロバナフウロ」「クロバナフウロのシロバナ」ですか?

「トゲアリトゲナシトゲトゲ」の世界ですね。

イコロの森ではこの「クロバナフウロ」の園芸種がアルブムの他にもいくつかあります。

Geranium phaeum ‘Lavender Pinwheel’
Geranium phaeum var. phaeum ‘Samobor’

写真はないですが、

Geranium phaeum ‘Mourning Widow’

Geranium phaeum ‘Raven’

’Raven’は、きれいな青色で去年初めて仕入れた品種です。かっこいいですよ。

クロバナフウロはやや日かげでも花を咲かせます。開花期は他のゲラニウムよりやや早く、イコロでは5月後半から咲いてます。これは貴重。

« »