開花情報 – 百合が原公園 緑のセンター温室開花情報

新型コロナウイルス感染拡大の観点より百合が原緑のセンター温室内の開花情報は控えておりましたが、現在は北海道内の感染も落ち着いているため、少しずつではありますが開花情報など発信していきますね!

まずは温室入口にある中温室で展示中のフクシアの様子です。

フクシア‘ガラドリエル’

フクシア ‘ガラドリエル’(アカバナ科 フクシア属)

 

フクシア‘ティンカーベル’

フクシア ‘ティンカーベル’(アカバナ科 フクシア属)

「貴婦人のイヤリング」の異名を持つ、可愛らしく優雅な花姿が魅力的なフクシア。ふっくらと丸い蕾からまるで天使が羽ばたくような咲き方をします。花色も赤や白、ピンクや紫などがあります。

 

大温室ではつる植物や色合いが華やかなカラーリーフやインパチェンスなど展示中です。

大温室の様子

 

野菜のトンネルではカボチャや天狗ナス、スズメウリなどの実が大きくなってきています。

天狗ナススズメウリ‘ビーチボール’

 

鮮やかな葉の色を長ぐ楽しめるカラーリーフのコリウスや、花色が華やかでボリュームのあるインパチェンスやサンパチェンスも楽しめます。

色とりどりのカラーリーフインパチェンスやサンパチェンス

 

秋の風景を思わせるヒガンバナが開花をはじめています。

ヒガンバナ

本州では田んぼのあぜ道によく植えられていて、ちょうどお彼岸の時期に咲くヒガンバナ。北海道では地植えでの越冬が難しい植物ですが、百合が原緑のセンター温室では今後もしばらく楽しめます。

 

ヒガンバナ

オレンジや黄色のヒガンバナ

このほかにも、クリーム色っぽい黄色や白、薄オレンジ色のヒガンバナの仲間、リコリスが開花しています。

 

トケイソウ

トケイソウ(トケイソウ科 トケイソウ属)

大温室奥では、つる性多年草の植物のトケイソウも開花中です。その名のとおり咲き姿が時計の形に似ています。

 

天候がすぐれない日などでも、季節の植物が楽しめる百合が原緑のセンター温室の情報を、今後も発信してまいります。

 

【百合が原緑のセンター温室】

休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、12月29日から1月3日

観覧料:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は手帳等の証明書提示により無料

※なお、ご利用の際は下記のことにご協力ください。

・マスクをつけてご入館ください。

・他の人と距離をあけて利用しましょう。

・入退館の際は手指の消毒をお願いします

 

 

« »