自然情報 – 西岡公園 8月26日の園内

今日も最高気温が29度の夏日です。木陰は涼しいのですが、日当りの良い場所はかなり暑いです。

園路の足元には、キノコが出ていたり、虫が歩いていたり、ツチガエルがはねていたりと生き物たちのすがたを観察出来ました。

池や川にはカイツブリ、マガモ、カワセミなどの鳥もいましたよ。

今日は、自然の造形美を感じさせる生きものたちに出会えたので紹介します。

ルリボシカミキリ

ルリボシカミキリです。触角が長いですね。美しいので、見つけると嬉しくなるカミキリムシです。

タマゴタケ

タマゴタケ。白くて卵型の幼菌が割れて赤っぽい傘が出てきたところです。これも見つけると嬉しくなります。

ヤマニガナの種子

ヤマニガナの果実と冠毛。六角形の星のような造形が素敵だと思いませんか。

他にも園内にはオオアワダチソウ、ミゾソバ、ツリフネソウ、アキノキリンソウ、オオバセンキュウ等々、夏の花たちも咲いています。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

※園内の動植物を採取しない、園路から外れない等マナーを守ってください。

※マスクを着用する、混み合っている時の利用を控える等々お気をつけてご利用ください。

 

 

« »