自然情報 – 旭山記念公園 旭山の花や虫や動物2020年8月2日

旭山記念公園と旭山都市環境林でその時に見られる生きものを、毎週、写真で紹介します。

2020年8月2日 日曜日

 

まずはこちらから。

 

ルリボシカミキリ2020年8月2日1

ルリボシカミキリ
カミキリ界の人気者、今年も出てきました。
この時ここには2匹いました。
ルリボシカミキリ、旭山では、多くはないですが8月にときどき見られます。

 

そのままの流れで虫(昆虫)から。

コバネカミキリ2020年8月2日

コバネカミキリ
それまで確かな観察記録はなかったですが、今回旭山昆虫リストに記載しました。
(旭山では観察情報がなかったというだけで、おそらくいなかったわけではなく、また必ずしも珍しい種類ではありません)。

 

スジクワガタ2020年8月2日

スジクワガタ
大人の小指の爪ほどのとても小さなクワガタの雄。

 

テントウムシ2020年8月2日

テントウムシのさなぎ
他の木にはいなかったのに、このヤマハギの木にだけテントウムシのさなぎや幼虫がたくさんついていました。

 

イシカリクロナガオサムシ2020年8月2日

キタクロナガオサムシ
比較的大きめな甲虫、飛ぶことができず地面を歩いています。

 

アカエゾゼミ2020年8月2日

アカエゾゼミ
7月30日、園内にて撮影。
旭山ではエゾゼミとコエゾゼミは姿を見る機会も多いですが、アカエゾゼミは珍しいです。

 

イナゴモドキ2020年8月2日

イナゴモドキ
小さめのバッタの仲間、調べてみるとそういう名前でした。

 

カラスシジミ2020年8月2日

カラスシジミ
翅の表が黒いのですが、めったに翅を広げてとまることがなく、黒い表はまだ見たことがありません。

 

ジョウザンミドリシジミ2020年8月2日

ジョウザンミドリシジミ
まだ盛んに飛んでいます。
つり橋周辺、森の家周りと栗の木デッキ周辺でよく見られます。
他のゼフィルスもいると思われますが、なかなか同定にまでは至りません。

 

コキマダラセセリ2020年8月2日

コキマダラセセリ
今年は多いです。
とまっている花はオオアワダチソウ。

 

コムラサキ2020年8月2日

コムラサキ
ときどき見られますが、なかなかとまってじっとしていてくれません。

 

アキアカネ2020年8月2日

アキアカネ
だいぶ増えてきました。
ナツアカネはまだ今年は確認していません。

 

ノシメトンボ2020年8月2日

ノシメトンボ
まだ、ノシメトンボの方がアキアカネより多いと感じます。

 

7月31日から本日8月2日までに旭山で見られた主な昆虫(五十音順)
アオカナブン、アカエゾゼミ、アカハナカミキリ、アキアカネ、アゲハ(ナミアゲハ)、
アブラゼミ、イカリモンガ、イナゴモドキ、エゾスジグロシロチョウ、エゾゼミ、
オオシロオビアオシャク、オオスズメバチ、オオハキリバチ、オオヒラタシデムシ、オニヤンマ、
カラスシジミ、キアゲハ、キタクロナガオサムシ、キバネセセリ、クロヒカゲ、
ケブカスズメバチ(キイロスズメバチ)、コエゾゼミ、コキマダラセセリ、コバネカミキリ、コムラサキ、
シオヤアブ、ジョウザンミドリシジミ、スジクワガタ、セイヨウオオマルハナバチ、センチコガネ、
タカネトンボ、テントウムシ、ノシメトンボ、ハネナガキリギリス、ヒラタシデムシ、
ヒメキマダラヒカゲ、ヒロオビトンボエダシャク、ミカドフキバッタ、モンキチョウ、モンスズメバチ、
ヤマキマダラヒカゲ、ルリシジミ、ルリボシカミキリ

オニヤンマ先週からちらほらと見られるようになりました。
ハネナガキリギリス8月1日に初鳴き、まだ少ないです。
今日はアオカナブンもいました。

 

 

続いて花、植物編

ヌスビトハギ2020年8月2日

ヌスビトハギ
花は今が盛り、たくさん咲いていますが、花は小さいです。

 

ヤマハギ2020年8月2日

ヤマハギ
こちらはこれからが本番、まだ少ないですが、もしかすると今年は花が少ないかもしれません(昨年多かったので)。

 

クズ2020年8月2日

クズ
つる性植物、以上マメ科3点。

 

キンミズヒキ2020年8月2日

キンミズヒキ
ひっつきが続々作られています。

 

ヤナギタンポポ2020年8月2日

ヤナギタンポポ
園内の明るい林床でちらほらと見られます。

 

コウゾリナ2020年8月2日

コウゾリナ
森の家の前で6月から咲いているコウゾリナ、もう綿毛状の種子の方が多くなりました。

 

エゾアカバナ2020年8月2日

エゾアカバナ
こちらも6月から咲いている花、まだ残っています。

 

クサギ2020年8月2日

クサギ
樹木の花、周りには花の香りが漂っています。

 

7月31日から本日8月2日までに旭山で見られた主な自生種の花(五十音順)
イワガラミ、ウツボグサ、エゾアカバナ、エゾタチカタバミ、カタバミ、
キンミズヒキ、クサギ、クサフジ、クズ、コウゾリナ、
ヌスビトハギ、ノリウツギ、ヤナギタンポポ、ヤブジラミ、ヤマハギ、

 

7月31日から本日8月2日までに旭山で見られた主な外来種の花(五十音順)
キクニガナ、シロツメクサ、ヒメジョオン、ブタナ、ヘラオオバコ、
ムラサキツメクサ、ルピナス

 

ナワシロイチゴ2020年8月2日

 

 

最後に話題をもうひとつ。

最近、カラマツの「松ぼっくり」、種子を食べるエゾリスが現れました。
エゾリスが冬の間にカラマツの種子を食べているのは見たことがありますが、夏に食べるのは初めて。
カラマツ林の辺りの道に、こんなものが落ちています。

エゾリスカラマツ2020年8月2日1

エゾリスがカラマツの種子を食べた跡。

 

エゾリス2020年8月2日2

こちらもエゾリスがカラマツの種子を食べた跡。
エゾリスは、カラマツの松ぼっくりから楕円形の断片を引きはがし、根元についた種子だけを食べます。
これは断片を引きはがし、食べられない部分だけを残して捨てた松ぼっくり。
ヨーロッパトウヒの松ぼっくりの食痕は通称「エビフライ」と呼んでいますが、こちらは「くわい」形、でしょうか。

 

エゾリス2020年8月2日3

さらには、落としてしまったのか、気に入らなかったのか、松ぼっくりがそのまま落ちているものもありました。

 

エゾリス2020年8月2日4

今日、その現場を目撃しました。
松ぼっくりを選んで取ろうとしているところですが、結構細い枝でも伝っていけるんですね。

 

エゾリス2020年8月2日5

こうして食べていました。

 

カラマツの実がなくなるまで食べ続けるのかどうか、今後要注目です。

 

 

引き続き、暑い中の公園散策の際には、水分補給などじゅうぶんな熱中症対策を施したうえでお歩きください。

また、森の家は8月より飲み物をおとりいただくのは大丈夫になりましたので、お気軽にお立ち寄りいただき、ご休憩をおとりください。

 

 

« »