自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報2020年3月14日土曜日

旭山記念公園野鳥情報、2020(令和2)年3月14日土曜日

ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。
この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

コロナウィルス感染症拡大防止対策として、森の家も閉館となっておりますが(金土日のトイレ利用は可)、野鳥のようすについては、継続的な情報として今後も記事を上げさせていただきます。

この1週間は、さらに鳥の動きがおとなしかった印象です。

 

 

今週のトピックス

ツグミ
3月上旬までは30分に1度は見るか声を聞いていたツグミですが、このところほとんど見なくなりました。
先週は減ってきたと書きましたが、ここ4日ほど一度も見ていません。
真冬に数が減るのは例年通りともいえますが、2月以降雪が増えて南に移動したのかもしれません。
また例年であれば4月に増えるので、この先注目です。

 

 

 

冬の鳥情報

イスカ
時々観察されていますが、やはりほとんど低い位置には降りてきません。

 

シメ
園内で「シーッ」という鳴き声がよく聞かれますが、だいたい木の高い位置にいるか飛んでいます。

 

ウソ
声を聞くことが比較的多く、姿も時々低い位置で見られます。

 

マヒワ
数羽が観察され、時々低い位置で見られます。

 

ベニヒワ
この1週間は観察情報はありませんでした。

 

カワラヒワ
学びの森周辺でよく見られ、「ギュイーンキリコロ」という囀りも聞くことができます。

 

ミソサザイ
時々「ジッジッ」という鳴き声を聞くことがあります。

 

キバシリ
2月中旬頃までのようにいつでも見られるという感じではなく、見られるのも園内西側の都市環境林寄りばかりになってきました。
囀りは時々聞こえてきます。

 

キクイタダキ
風の丘近くの松での観察情報が多くなっていますが、見られるかどうかはタイミングによります。

 

ヒレンジャク、キレンジャク
この1週間は園内での観察情報はありませんでした。

 

 

留鳥情報

クマゲラ
この1週間は園内での観察情報はありませんでした。
藻岩山方面からは声が日に何度か聞こえ、ときどき低くて大きな音のドラミングも聞こえてきます。

 

ヤマゲラ
園内で声を聞く機会は引き続き多いですが、学びの森周辺でよく聞かれます。

 

オオアカゲラ
観察する機会はまだ比較的多いです。

 

アカゲラ
園内でよく見られています。
今日は雄の個体が繁殖行動のためのドラミングをしていました。
写真がそれです。
つがいの相手はまだ決まっていないようで、ときどき「キャッキャッキャッ」というけんかや追いかけっこをしている時に発する声を聞くことがあります。

アカゲラ雄2020年3月14日

 

コゲラ
園内でよく見られています。
今朝は半径50m以内に3羽を確認できましたが、雌雄などは不明です。
写真は今朝撮影したものです。

コゲラ2020年3月14日

 

 

オオタカ、ハイタカ、ノスリ
今週は観察情報はありませんでした。

 

トビ
今週は2回ほど観察されました。
トビは旭山では時々見られる程度です。

 

ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ
園内でよく見られており、囀りを聞く機会も多いです。

 

ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
園内でよく見られていますが、ヒヨドリは半月前に比べると少なくなった印象があります。

 

 

土が出ている場所
雪解けが進むと、土が出ている場所が多く見られるようになります。
この時期は、土の上で餌を探す鳥を観察することができます。
写真はヤマガラですが、地面に降りて何かを探していました。
野鳥観察の際には、土が出ている場所に注目するといいでしょう。
ただし、こちらが鳥を見つける前に鳥が先に気づいて逃げてしまうこともしばしばありますので、ご注意を。

 

 

エゾリス
今朝もエゾリス4匹が追いかけっこをしていました。
まだペアの相手が決まっていないのでしょう。
「ピューッ」または「チューッ」という鳴き声も出していましたが、それはこの時期にしか聞くことができない声です。
追いかけっこがこの先いつまで見られるかは分かりません。

 

 

 

今週のシマエナガエナガ(亜種シマエナガ)
もう群れでの行動はしなくなっているようです。
この1週間も、今朝も含めて観察情報はいくつかありましたが、すべて2羽のものでした。
森の家近くのカラマツ林にもほとんど来ていません。
また、観察されたとしてもすぐに移動していなくなります。
イタヤカエデの樹液も飲みには来ていないようです。
写真は3月10日に第1駐車場付近で撮影したものですが、それでも、時々こうして近くで撮ることはできます。

シマエナガ2020年3月14日

 

 

次回は3月21日に上げる予定です。

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られることを願っております。

« »