自然情報 – 西岡公園 3月13日園内の様子

朝から、雪が降ったり晴れたりを繰り返す空模様。
風が強いからか、鳥の声も少なく感じます。

 

このところの暖気で溶け気味の散策路はツルツルしていて、

時々埋まったりもするので油断はできません。

 

3月中旬となり春の気配を感じる園内です。

木々の根元は一足早く雪が融けて、『根開け』と呼ばれています。

 

日当たりの良い斜面ではフキノトウが出てきています。

ケヤマハンノキも雄花が伸びてきて開花間近のようです。

クマゲラが最近開けた食事のあともありました。

冬の間工事していた新しい木道も見えてきました。

公園内は工事エリアを除いて通常通り散策できます。

西岡公園管理事務所は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、

事務所内のトイレのみのご利用とさせていただいております。

また、ご利用の際には以下の点にご協力をお願いいたします。

・咳エチケット

・石けんを使った手洗いや手指用アルコールでの消毒

・滞在時間の縮小や距離を保っての会話 など

皆様にはご迷惑をおかけしますが、感染拡大防止のためご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。

また、屋外園地をご利用の方も感染症対策の取組へのご協力をお願いいたします。

« »