自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報2019年11月30日(土曜日)

毎週アップしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年11月30日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

今週は話題が多いです。

 

 

今週のトピックス

亜種ハチジョウツグミ

情報は先週のものになりますが、11月16日に園内でハチジョウツグミを見たとの情報をお寄せいただき、その方が撮影された写真からハチジョウツグミと判断できたので、情報としてここに載せます。

その後は情報がなく、今日も観察できませんでしたが、ハチジョウツグミは毎年1羽が現れ、1月下旬まで滞在、この先も見られる可能性はあります。

 

ウソ

ウソは園内やや遠くで声を聞くことがありますが、今日はトイレ付近の桜の木に雄1羽雌3羽計4羽が来て芽を食べていました。

写真はその中の雄1羽です。

ウソはこのように、冬の間、時々近くで観察できる機会があります。

ウソ雄2019年11月30日

 

トビ

トビが今週何度か見られました。

トビ自体は珍しい鳥ではないですが、旭山では時々見られるくらいのためトピックスとして取り上げました。

写真は11月24日に撮影したものです。

トビ2019年11月30日

 

 

今週のシマエナガ

エナガ(亜種シマエナガ)

今週も森の家の周りや風の丘付近でよく見られています。

今朝は7時50分頃森の家裏に現れ、カラマツ林沿いに北に移動し、廃屋裏辺りで追えなくなりました。

9時20分、栗の木デッキ辺りに現れ、ポートランドの森を経て森の家の前を一度南へ移動しましたが、その後珍しく180度方向を変えて森の家裏のカラマツ林に戻り、そこから北へゆっくりと移動しました。

この時は20分ほど近くで観察できました。

昨日11月29日は8時40分頃学びの森に現れ、南西へ双子沢川沿いに移動し、つり橋の辺りで西へ方向を変え、風の丘西の沢に入って追えなくなりました。

今の時期シマエナガはカラマツで餌をとることが多いですが、カラマツにいる時はあまり低い位置に降りて来ないので撮影は少々難しいかもしれません。

ただ、高さ3mくらいの木に来ることもあるので、行動を観察していると写真を撮る機会に恵まれます。

写真は昨日撮影したものです。

シマエナガ2019年11月30日

シマエナガの詳しい情報につきましては、森の家までおたずねください。

 

 

野鳥情報

ヒレンジャク

15羽前後の群れが引き続き見られていますが、日中は3、4羽にばらけて見られることが多いです。

写真は先週日曜日に撮影したもので、アカミヤドリギの実を食べた後です。

ヒレンジャク2019年11月30日

 

キレンジャク

キレンジャクだけ数羽の群れが引き続き見られています。

写真は今日撮影したもので、キレンジャクだけ5羽いました。

キレンジャク2019年11月30日

 

イスカ

昨日、雄1羽が飛んでいましたが、園内で低い位置にはなかなか降りて来ません。

 

マヒワ

11月25日に30羽前後の群れが森の家の裏に来ました。

今朝も飛んでいる鳴き声がやや遠くから聞こえてきており、旭山にいるのは確かですが、なかなか低い位置で見る機会がありません。

 

カワラヒワ

今週は観察情報がありませんでした。

 

ベニヒワ

今週も観察情報はありませんでした。

 

シメ

20羽ほどの群れで見られたり、1羽から数羽だったりですが、園内で見られており、今いちばん接する機会が多い鳥です(ハシブトガラスとヒヨドリ以外で)。

ただ、低い場所にはなかなか降りて来ないです。

写真、森の家の近くに、カエデ類の種子を食べた跡=殻が多数落ちている場所があり、これはシメが食べたものと思われます。

シメ食跡2019年11月30日

 

 

ルリビタキ

今週は観察情報はありませんでした。

 

 

 

留鳥・冬の鳥情報

クマゲラ

今週は園内での観察情報がありましたが、あまり頻繁には来ていないもようで、園内での情報も少ないです。

ただ、藻岩山方面からは今週もほぼ毎日声が聞こえてきています。

 

オオアカゲラ

昨日、都市環境林広場で雌1羽が観察されました。

オオアカゲラはシラカンバとウダイカンバによく来て餌をとっています。

 

アカゲラ

園内でよく見られています。

 

コゲラ

観察機会は多いです。

 

ヤマゲラ

「ピョッピョッピョッピョッ」という大きな声を日に1回から数回は聞くようになってきました。

 

キバシリ

今週もカラマツ林周辺でよく見られています。

 

キクイタダキ

引き続き観察情報が多いですが、常緑針葉樹ではない木(カラマツ含む)でつがいで見られることがあります。

 

オオタカ

本日11時過ぎ、森の家上空に現れました。

写真がそれです、高い位置を飛んでいたため小さくて不鮮明ですが、情報として上げます。

オオタカ2019年11月30日

 

ハイタカ

11月25日、シマエナガの群れの上空にハイタカが現れ、シマエナガ警戒する鳴き声を出していましたが、ハイタカはまっすぐ通り過ぎてゆきました。

別の日にも園内で見たとの情報があり、このところ見られる機会が増えていますが、ハイタカは毎年11月12月に見られる機会が多いです。

 

ノスリ

11月28日朝にハシブトガラスに追われて西へ飛んで行くノスリ1羽が観察されました。

他にも観察情報があり、この冬も旭山から藻岩山にかけての辺りに滞在するかもしれません。

 

ハヤブサ

今週は観察情報はありませんでした。

 

ハクセキレイ

今週はちびっこ広場付近で観察されました。

 

ハシブトガラ

昨冬にいた「手乗り」個体が今年も現れました。

人が近づくとすぐそばの枝に来て、何かを話しかけるように鳴いて寄ってこようとします。

しかし、餌はあげないでください。

写真がそれですが、右目の後の黒い部分に小さく白い部分があるのが特徴で、昨年のものと同じ個体の可能性があります。

ハシブトガラ2019年11月30日

 

 

シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ

カラ類は見られる機会は多いです。

 

ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ

よく見られますが、スズメは住宅街側でときどき見られるくらいです。

 

カケスは、今週も観察情報はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

次回は12月7日土曜日に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られることを願っております。

« »