自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報2019年10月5日(土曜日)

毎週アップしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年10月5日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

今週のトピックス

シメ

2019年9月30日月曜日、シメをこの秋初めて確認しました。

シメは旭山では夏の間は見られず、秋にやって来て春先までいます。

3~5羽の群れで行動していますが、高い所を飛んでいる上に警戒心が強い鳥であるため、なかなか近くでは見られません。

「シーッ」「チッ」という鳴き声が高い所から聞こえてきたら、シメです。

 

マヒワ

同じく9月30日、マヒワをこの秋初めて確認しました。

マヒワも旭山では夏の間は見られず、秋にやって来て5月中旬までいます。

マヒワは冬の鳥というイメージが強いですが、まだ緑の葉が多い9月中に旭山で観察されるのは珍しいことです。

マヒワは「チュイーン」という鳴き声が時々聞かれますが、まだ藻岩山などの少し高い場所にいるようで、近くで姿を観察したという情報は今のところありません。

 

 

今週のシマエナガ

エナガ(亜種シマエナガ)

今週も森の家の周りに1日1回は来ています。

昨日10月4日は8時50分に森の家前階段付近で10羽前後、今日は9時頃栗の木デッキ付近で2~5羽、観察されました。

また、10月2日水曜日は9時半頃に旭山都市環境林の藻岩山登山道につながる道の木段付近で10羽前後が観察されました。

見られる機会は多くなってきましたが、まだ木々の葉がたくさんついており、撮影はやや難しい状況です。

「ツーツーツー」と甲高い声が呼応するように複数箇所やや遠くから聞こえたら、それはシマエナガの声です。

「ジュルッ」というおなじみの声は、その後、もっと近くに来た時に出します。

 

 

 

夏鳥情報

オオルリ

今週も観察情報がありませんでした。

オオルリは南に渡っていなくなったとみていいと思われます。

 

キビタキ

9月30日に観察されましたが、それ以降の情報がありません。

キビタキがいなくなるのは例年10月に入ってからであり、もういなくなった可能性がありますが、もう少し様子を見ます。

 

コサメビタキ

キビタキ同様9月30日が今のところ最後の観察情報ですが、こちらももう少し様子を見ます。

 

サメビタキ

今週は情報がありませんでした。

サメビタキは例年通り通過ですが、少し長く1週間ほど滞在していた、ということになります。

 

エゾビタキ

今週は情報がなく、もういなくなったと考えられますが、エゾビタキは例年1、2日しか滞在しないところ、こちらも今年は少し長く1週間ほど滞在していました。

 

クロツグミ

昨日はまだ双子沢川周辺にいましたが、今日は今のところ観察していません。

 

アカハラ

昨日はつり橋周辺にいましたが、今日は今のところ観察していません。

クロツグミ、アカハラともに10月上~中旬に南に渡って行くため、そろそろいなくなる時期です。

 

アオジ

園内でまだ比較的よく見られます。

栗の木デッキ周辺からつり橋にかけてと森の家周辺に出ることが多いです。

ミュンヘンの森法面のススキを食べにもよく来ます。

写真は10月1日に撮影、ススキを食べに来たアオジ雌です。

アオジ2019年10月5日

 

ホオジロ

今週も展望台のハマナスがある辺りでホオジロが観察されました。

まだ展望台周辺に出ているようで、「ツリツリッ」という地鳴きがときどき聞こえてきます。

 

 

カワラヒワ

園内で比較的よく見られています。

上空を「キリコロキリ」と鳴きながら飛んでいます。

 

イカル

今週も日に何度か上空を1羽か2羽で「キッ キッ」と鳴きながら飛んでいました。

ただし、ときどき木に降りても高い位置にいるため、観察はやや難しいです。

 

ウグイス

今週は森の家の裏で何度か声が聞かれました。

 

ヤブサメ

9月29日以降観察情報がなく、もう南に渡っていなくなった可能性があります。

 

メジロ

今週もよく声が聞かれ、時々木の低い位置にヤマブドウなどの木の実を食べに降りてきます。

今週は囀りも聞くことができました。

メジロは10月中旬頃まで見られると思われます。

 

キセキレイ

園内でまだ時々見られます。

キセキレイは例年10月中にいなくなります。

 

モズ

今週も情報がありませんでした。

 

アオバト

9月29日に森の家近くで鳴き声を聞いたという情報がありましたが、それ以降の情報はありません。

もう旭山からはいなくなった可能性があります。

 

キジバト

鳴き声はほぼ聞かれなくなりましたが、飛んでいる姿を見ることがしばしばあります。

 

 

留鳥・冬の鳥情報

クマゲラ

今週も旭山には来ない行動パターンのようで、藻岩山からは毎日声は聞こえるものの、遠い声がほとんどでした。

 

オオアカゲラ

旭山都市環境林で今週も観察されましたが、園内での情報はまだありません。

 

アカゲラ

園内でよく見られています。

写真は9月29日に撮影した♀の個体です。

アカゲラ雌2019年10月5日

 

コゲラ

観察機会は多いです。

 

ヤマゲラ

今週も藻岩山登山道入口方向やや遠くから「ピョッピョッピョッピョッ」声が、毎日のように聞こえてきました。

今後園内でも姿を見る機会が増えると思われます。

 

キバシリ

時々見られています。

 

ハクセキレイ

噴水広場周辺で時々見られます。

 

キクイタダキ

今週は観察情報がありませんでした。

 

オオタカ、ハイタカ

オオタカは上空でカラスに追われたり追ったりする姿が観察されたという情報がありました。

ハイタカは情報がありませんでした。

 

ハヤブサ

今週は観察情報はありませんでした。

 

ノスリ

今週も観察情報はありませんでした。

 

シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ

カラ類も見られる機会は多いです。

 

 

ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ

よく見られます。

 

カケスとツグミは、この秋はまだ観察情報がありません。

 

 

次回は10月12日土曜日に上げる予定です。

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られることを願っております。

« »