未分類 – 豊平公園 – 札幌市公園緑化協会 明日からセントポーリア展が始まります!

昼間は陽があたって暖かいですが、空を見上げると秋の雲。徐々に葉っぱも色付いてきて、あっという間に冬になるんでしょうね。

この時期になると鉢花も室内向けが多く出回りますが、明日から始まるセントポーリア展は、年間を通して室内で楽しめる花の展示会です。

 

セントポーリアはスミレのように愛らしい花が咲くのが魅力です。

薄紫色の花が沢山咲く

川上敏子賞「ラプソディ クレメンタイン」

花色は1色だけではなく、写真のように2色でストライプや花の縁に違う色が入るもの、咲き方には一重咲きや花弁が沢山重なる八重咲きなど多種多様です。

札幌市長賞「ロージーラッフルズ」

花の形も写真のように縁にフリルが付いているものや星型など、見ていてため息が出るくらい素敵です。

葉の縁がギザギザしている

葉は形がギザギザのものもあれば、

花と葉の縁に薄いピンク色が入る株

葉の縁にピンクががった白い模様が入るものもあります。

株全体にピンクの花が咲く花弁がたくさんのピンク花

また、花や葉が小さいミニチュアもあり、こちらは株全体を覆うように咲いてます。

株全体に紫の花が咲く紫の花弁が重なり合って咲く

ご紹介した花は一部ですが、会場には北海道セントポーリア愛好会会員さん18名が、この展示会に合わせて育てた変化に富んだ作品64点が並びます。

全作品はグループ(スタンダード、ストライプ、バリエゲート、トレイル、ミニ)とビギナーごとにコンテスト形式で審査され、各賞が決まります。審査の項目にはいくつかありますが、例えば葉が均等に出ている、花数が多い・均等に咲いている、など全体の姿形を審査員の厳しい目で見て、決まります。

赤紫にピンクの縁取りが入った花が咲く

全作品の一番優秀な作品はこちら ↑ 北海道知事賞「ビックバンSP」です。

 

今年は猛暑が続き人間も辛かったですが、セントポーリアにとっても辛かったようで、開花調整がいつもの年よりうまくいかなかったという会員さんもいらっしゃいました。そんな中でも鮮やかな花が株の中央に綺麗に咲いています。葉も均等に付くように常に鉢を回して陽が均一に当たるようにしているそうですよ。

見ていると自分でも育ててみたくなります。大きく育てれば育てるほど花数も多くなり、手入れするのが楽しみになりますよ。私もミニを育てていますが、株全体に花が覆うように咲くと、それはもう見事で1鉢だけでも部屋が明るくなります。

会場では会員さんが育てた苗(300円から2,500円)や資材なども販売されます。また、育て方などちょっとしたことも相談できるコーナーも設置します。初めて育てるんだけど、不安だわ~なんて方は、是非ご相談ください。

 

豊平公園開催は14回目、愛好会としては79回目の開催となるセントポーリア展は

豊平公園緑のセンター 1階アトリウムにて

期間:令和元年10月1日火曜日から10月6日日曜日

展示時間:8時45分から17時15分(最終日は15時まで)

販売時間:9時から17時

相談時間:9時から16時

開催します。

室内で楽しむ花が少なくなるこれからの季節、愛らしいセントポーリアを是非、見にいらしてくださいね!

アクセス

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。
・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。
・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分
※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

豊平公園緑のセンター
札幌市豊平区豊平5条13丁目
開館時間:8:45~17:15
休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3
電話:011-811-6568

« »