自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報2019年9月21日(土曜日)

毎週アップしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年9月21日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

今週のトピックス

ヒタキ4種揃い踏みとエゾビタキこの秋初認

9月20日金曜日、旭山記念公園内でヒタキ科ヒタキ4種が同日のうちに観察されました。

森の家から第2駐車場方向に続く階段の途中にあるタラノキの実を、キビタキ、コサメビタキ、サメビタキ、エゾビタキ4種が代わる代わる食べに来ていました。

朝9時過ぎから見られるようになり、16時20分頃に見たのが最後でしたが、その間もしばしば、あるいはよく来ていた可能性があります。

写真を順に。

キビタキ雄2019年9月21日

キビタキ雄

 

キビタキ雌2019年9月21日

キビタキ雌

 

コサメビタキ2019年9月21日

コサメビタキ(虫を食べている)

 

サメビタキ2019年9月21日

サメビタキ

 

エゾビタキ2019年9月21日

エゾビタキ

 

そして近くにオオルリもいたので、昨日はヒタキ科5種がいたということになります。

 

キビタキとコサメビタキは滞在中は旭山でも比較的見る機会が多いです。

 

サメビタキはだいたい毎年5月に1、2日と9月に数日見られますが、先週の野鳥観察会でも観察されており、少なくとも7日間滞在していたということで、今年は例年より長く見られています。

 

エゾビタキ、今年の秋は2019年9月19日に園内で初めて観察されており、今朝も確認したため、少なくとも3日間は滞在したことになりますが、これも例年だと1、2日しか見られません。

 

ただ、今日は今のところこの場所にはヒタキ類は来ていません。

エゾビタキは園内別の場所で観察されました。

キビタキとコサメビタキは9月中か10月上旬に南に渡っていなくなります。

サメビタキとエゾビタキは今日明日いなくなるかもしれず、もう少しいるかもしれずです。

なお、昨日はヒタキ類が頻繁に来ていたせいか、いつもよく来るメジロとヒヨドリはほとんど来ていませんでした。

 

 

キバシリ

2019年9月20日、昨日、キバシリをこの秋初めて園内で確認しました。

キバシリは秋になると山から降りてきて冬を過ごし、春にまた山に戻って行き、これから見られる機会が多くなります。

 

 

今週のシマエナガ

エナガ(亜種シマエナガ)

本日9月21日、朝9時少し前、つり橋下流右岸側に数羽が現れ、5分ほどその辺りから声が聞こえ、「ジュルッ」とも鳴いていましたが、双子沢川を左岸側に渡って急に声が聞こえなくなり、その場はすぐに通り過ぎたようです。

さかのぼって昨日9月20日、8時35分頃、第2駐車場と森の家の間辺りから数羽の声が聞こえ、森の家西側のシラカンバを通って北西に飛んで行きました。

写真はその時の1羽ですが、目線少し上くらいまで低く降りて来ていて、久し振りに近くで見られました。

今週も見られる機会はありました。

シマエナガ2019年9月21日

 

 

 

夏鳥情報

オオルリ

本日8時過ぎ、森の家と第2駐車場の間あたりから「ぐぜり」(不完全な囀り)が聞こえてきましたが、成鳥によるものか幼鳥かは分かりませんでした。

オオルリはそろそろ南に渡っていなくなります。

 

クロツグミ

先週話したトイレ横のヤマブドウは実が食べられてだいぶ少なくなり、クロツグミもそこにはあまり来なくなりました。

クロツグミ自体はまだ園内でも時々見られたり声が聞かれたりしています。

 

アカハラ

今週は確かな観察情報はありませんでしたが、まだいるものと思われます。

 

アオジ

昨日9月20日、16時20分頃にヒタキ類がタラノキから一斉にいなくなった後、同じ木にアオジ1羽がやって来て、まるでヒタキがいなくなるのを待っていたかのように実を食べ始め、数分そこにいました。

写真がそれですが、幼鳥と思われます。

アオジ2019年9月21日

アオジはまだこの先ひと月ほど見られます。

 

カワラヒワ

園内で比較的よく見られています。

上空を「キリコロキリ」と鳴きながら飛んでいます。

 

イカル

今週も毎日のように1羽か2羽の「キッ キッ」と鳴き声を聞きましたが、上空にいるため姿はなかなか見られません。

 

ホオジロ

9月17日火曜日、展望台で久し振りに2羽が観察されました。

1羽は成鳥雄でしたが、もう1羽は姿を見たのが一瞬で性齢不明でした。

 

ウグイス

時々「ヂッ ヂッ」という地鳴きが聞かれます。

 

ヤブサメ

9月19日には笹の中に姿を確認しましたが、昨日、今日と観察されていません。

もう南に渡っていなくなった可能性があり、注視してゆきます。

 

メジロ

今日も数羽で飛び回っている様子が声や姿から確認できました。

メジロは10月中旬頃まで見られると思われます。

 

キセキレイ

第2駐車場周辺で時々声が聞かれ姿が見られます。

 

モズ

今週は情報がありませんでした。

秋の風物詩「モズの高鳴き」、旭山でも聞かれる年がありますが、今年はどうでしょうか。

 

アオバト

この1週間は観察情報がありませんでした。

アオバトは例年9月下旬に旭山では見られなくなりますが、そろそろその頃ではあります。

 

キジバト

「デデー ポーポーッ」という声が聞かれますが頻度は落ちました。

 

ツツドリ

今週も観察記録がありませんでした。

毎年は結局9月の秋の観察情報なしで終わるかもしれません。

 

ハリオアマツバメ、アマツバメ

今週は観察情報がありませんでした。

 

 

 

留鳥情報

クマゲラ

今週も旭山には来ない行動パターンのようで、藻岩山からは毎日声は聞こえるものの、遠い声がほとんどです。

また少しすると旭山によく来るようになると思われますが、いつかは分かりません。

 

オオアカゲラ

今週も園内での観察情報はありましたが、まだ、冬のようによく見られるというわけではないようです。

 

アカゲラ

つり橋周辺で今朝2羽を同時に確認、1羽は目視で雌と分かりましたが、もう1羽は目視できませんでした(ゆえにそれがオオアカゲラである可能性はあります)。

 

コゲラ

観察機会は多いです。

 

ヤマゲラ

一昨日9月19日、久し振りに「ピョッピョッピョッピョッ」というあの特徴的な声を聞きました。

藻岩山登山道入口方面から1回だけでしたが、その声がよく聞かれるようになるのは11月に入る頃で、もう少し先です。

 

ハクセキレイ

噴水広場周辺に最近毎日幼鳥が来ています。

今朝は写真が撮れました。

成鳥と一緒にいることもあります。

ハクセキレイ2019年9月21日

 

キクイタダキ

今週は観察情報がありませんでした。

 

オオタカ、ハイタカ

オオタカは今週、旭山上空を飛んでいてハシブトガラスにモビングされていたとの情報がありました。

ハイタカは観察情報はありませんでした。

 

ハヤブサ

先週現れたハヤブサですが、今週は観察情報はありませんでした。

 

ノスリ

例年9月から10月に見られることが多くなりますが、今年の秋はまだ園内での観察情報はありません。

 

シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ

カラ類も見られる機会は多いです。

ヒガラのみ時々囀りを聞くことがあります。

 

 

ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ

よく見られます。

 

 

台風が接近する可能性があり、明日から天気が崩れるとの予報が出ています。

台風接近に伴う強風や大雨の際には、旭山記念公園を含め、野外での観察は控えるようお願いします。

 

 

【バードウォッチャーのための樹木勉強会】

2019年10月5日(土曜日) 13時30分開始、15時30分頃まで

参加費600円(お菓子、飲み物つき)

悪天候でなければ野外での観察15分ほども予定しています。

野鳥を切り口に、旭山記念公園にある樹木のお話をします。

参加お申し込み受け付け中です。

よろしくお願いします。

 

 

 

次回は9月28日土曜日に上げる予定です。

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られることを願っております。

« »