自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報2019年9月14日(土曜日)

毎週アップしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年9月14日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

本日の野鳥観察会

9月14日土曜日、本日、野鳥観察会を行いました。

本日観察されたのは以下の19種です(順不同)

ハシブトガラス、イカル、カワラヒワ、メジロ、シマエナガ、

ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、

サメビタキ、キビタキ、オオルリ、クロツグミ、ヒヨドリ、

オオアカゲラ、アカゲラ、コゲラ、種が確認できなかった鳥

 

・種が確認できなかった鳥はキジバトかそれより少し大きな鳥で、色は全体的に茶褐色、林床から飛び上がって木の低いところを抜けて飛び去って見えなくなりました。

オオタカかハイタカの可能性もありますが、オオタカやハイタカは例年9月から10月に巣立ち幼鳥が頻繁に見られる時期があり、また林内を低く飛んで移動するという特徴にも合致しますが、目撃が一瞬で、断定できるほどの材料は得られませんでした。

キジバトの可能性もありますが、そうであっても今日は観察されていないので、合計19種としました。

・サメビタキ1羽、ポートランドの森で数分間同じ辺りで木から木に飛び移りながら、時折ホバリングを交えて採餌していました。

枝に長くとまっている時に双眼鏡で観察できましたが、胸の斑が濃く、コサメビタキではなくサメビタキと判断しました。

サメビタキはここ数日に園内での別の観察情報もありましたが、例年9月中に1日から数日だけ現れます。

なお、コサメビタキは今日観察会の間は出ませんでした。

・オオルリ幼鳥、藻岩山登山道入口付近で観察されました。

・オオアカゲラ雌1羽、藻岩山登山道入口下で比較的長い間近くで観察できました。

オオアカゲラは夏の間は旭山記念公園内では見られず、秋に山から降りてきて、冬はよく見られるようになります。

・アカゲラ雄1羽、つり橋下の川で水浴びしていました。

・シマエナガ、オオアカゲラ観察中に北西側の山から声が聞こえてきましたが、よく見える場所には現れず、その後も今日は観察されませんでした。

・メジロ、タラノキの実を2羽で食べているところを観察できました。

・トイレ近くのヤマブドウにヒヨドリとクロツグミが来ていましたが、クロツグミは姿が一瞬しか見えませんでした。

・イカル、森の家近くの上空から「キッ キッ」という声が聞こえてきました。

ヒヨドリの中にまた頭の羽が短い幼鳥がいました。

今日はゆっくり歩きましたが、それなりに鳥が出たという印象です。

 

 

今週のトピックス

ハヤブサ

9月9日月曜日午前10前、旭山記念公園上空にハヤブサ幼鳥が1羽現れました。

東側から飛んで来て、公園のエリア上空で2、3分ほど旋回飛行をした後、藻岩山方面に高度を上げて飛び去り、見えなくなりました。

胸から腹に縦の斑(縞)が入った幼鳥の個体で、拡散の過程と考えられます。

今後も現れるかどうかは分かりません。

写真はその時のものです。

ハヤブサ幼鳥2019年9月14日

 

 

 

今週のシマエナガ

エナガ(亜種シマエナガ)

観察会の後、11時20分頃、ミュンヘンの森から声が聞こえ、森の家広場上空を西に向かって5羽が次々と飛ぶ姿が観察されました。

それから少しずつ南西=藻岩山登山道入口方向に移動してゆく様子が声から聞き取れました。

今週は朝9時前後に何度か、やはり森の家の周りからつり橋にかけての辺りで観察されました。

 

 

 

夏鳥情報

オオルリ

昨日9月13日につり橋付近で囀りが聞かれましたが、目視観察した方によれば雄成鳥だったとのことです。

今日も幼鳥が出ましたが、オオルリは時々見られています。

 

キビタキ

このところ声もほとんど聞かず、まったく偶然に森の中の道で出会う感じです。

 

コサメビタキ

今日の観察会では出ませんでしたが、栗の木デッキからつり橋周辺と、森の家の周りで見る機会があります。

 

クロツグミ

今日の観察会でも観察されましたが、トイレ横のヤマブドウによく来る他、栗の木デッキ、つり橋周辺でも見る機会が多いです。

笹薮から時々「キュロキュロ」鳴き声が聞こえ、木にいる時は「シーッ」と鳴ききます。

 

アカハラ

クロツグミに混じってアカハラもいたとの情報がありました。

クロツグミらしき鳥が数羽いるときは、その中にアカハラもいる可能性があります。

 

カワラヒワ

園内で比較的よく見られます。

上空を「キリコロキリ」と鳴きながら飛んでいます。

 

イカル

本日の観察会でも出ましたが、ほぼ毎日、1羽か2羽が「キッ キッ」と鳴き声を出しながら飛んでいることがあります。

 

アオジ

今日の観察会では(なぜか)出ませんでしたが、園内を歩いていると笹薮から「チッ チッ」という声が聞こえ、姿が見られることもあります。

 

ホオジロ

今週は観察情報がありませんでした。

 

ウグイス

ウグイスとヤブサメは今日の観察会では確認できませんでしたが、「ヂッ ヂッ」という地鳴きが時々聞かれます。

 

ヤブサメ

笹の中から「ジュッ」という鳴き声が聞こえ、時々姿が見られます。

 

メジロ

今日もいちばんよく見られたり声を聞けたのはメジロでした。

低い位置にはあまり降りて来ないですが、タラノキの実やヤマブドウなどを食べる時は10mかそれ以下の高さにも来ます。

 

キセキレイ

森の家の周りから第2駐車場の辺りでまだ時々観察されていますが、8月中より観察頻度は落ちています。

 

モズ

今週は情報がありませんでした。

 

アオバト

森の家近くでもまだ声を聞くことがあります。

 

キジバト

「デデー ポーポーッ」という声がよく聞かれます。

 

ツツドリ

今週も観察記録がありませんでした。

毎年8月下旬から9月中旬になると、木の低いところで見られる機会が増えます、と先週書きましたが、今年はほとんど見られておらず、そろそろいなくなる時期になってきています。

 

ハリオアマツバメ、アマツバメ

今週は観察情報がありませんでした。

 

 

 

留鳥情報

オオアカゲラ

今日の観察会でも出ましたが、今週は他にも園内での観察情報がありました。

これからはしばしば見られると思われます。

 

アカゲラ

今日も雄と雌の個体が別々に見られましたが、どちらも最初は声を出していなかったので、林の中をよく見るといる、他の鳥を探していると見つける、ということは結構あると思います。

 

コゲラ

観察機会は多いです。

 

ヤマゲラ

今週は確かな観察情報はありませんでしたが、見られる可能性はあります。

 

ハクセキレイ

噴水広場周辺で時々見られます。

 

キクイタダキ

今週は観察情報がありませんでした。

 

オオタカ、ハイタカ

先述の観察会で出た謎の鳥がその可能性がありますが、オオタカ・ハイタカともに今週は他には確かな観察情報はありませんでした。

 

シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ

カラ類も見られる機会は多いです。

ヒガラのみ時々囀りを聞くことがあります。

 

 

ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ

よく見られます。

 

 

 

次回は9月21日土曜日に上げる予定です。

« »