自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報2019年8月10日(土曜日)

毎週アップしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年8月10日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

本日の野鳥観察会

本日朝8時より、野鳥観察会を行いました。

観察会で記録された野鳥は以下の14種です(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオジ、メジロ、ゴジュウカラ、

シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、キビタキ、センダイムシクイ、

ヤブサメ、ヒヨドリ、コゲラ、アオバト

今日は風がやや強く、残念ながら野鳥観察にはあまり適さない状況でした。

ほとんどの野鳥は近くで声が聞こえたり、一瞬見えただけといった感じでしたが、ゴジュウカラは、つり橋から肉眼でも見えるほど近くで3分以上餌をとっている姿が観察できました。

囀りをしていた鳥はセンダイムシクイだけでした。

キビタキは「ヒッヒッヒッ」という声が廃屋近くで聞こえました。

アオバトは登山道奥の方で鳴いていました。

 

次回の野鳥観察会は9月14日(土曜日)8時開始、参加費100円です。

近くなりましたらまたご案内しますが、以降3月までは毎月第2土曜日8時開始となっています。

 

 

今週のトピックス

オオルリ、キビタキ、コサメビタキ

8月4日日曜日午後4時過ぎ、ミュンヘンの森の丘でコサメビタキ、キビタキ、オオルリの幼鳥が一度に見られました。

コサメビタキが2羽か3羽現れ、観察していると他の鳥がいることに気づき、オオルリとキビタキの幼鳥もいました。

オオルリとキビタキの幼鳥はこちらを見てすぐに飛んで逃げましたが、コサメビタキ数羽だけは10分ほど辺りで餌をとっていました。

 

コサメビタキはまだミュンヘンの森付近で見られることが多いですが、先週のようにほぼ必ず現れるというほどの頻度ではなくなってきました。

つり橋付近でも見られます。

 

キビタキは今日も鳴き声が聞こえたように、園内で時々声が聞こえ、姿が見られることもあります。

 

オオルリはさらに翌日8月5日月曜日、栗の木デッキ付近で「ぐぜり」をする幼鳥1羽が観察されました。

オオルリの「ぐぜり」は9月上旬くらいまでは今後もしばしば聞くことがあるかと思います。

写真は8月4日のコサメビタキ成鳥です。

コサメビタキ2019年8月10日

 

 

今週のシマエナガ

エナガ(亜種シマエナガ)

今週も観察情報が散発的にありましたが、双子沢川周辺での数日前に観察したとの情報を寄せてくださった方によれば、その時まだ目に黒い帯がかかった幼鳥がいたとのことでした。

 

 

夏鳥情報

クロツグミ

囀りを聞くことはほぼなくなりました。

また、つり橋付近で幼鳥を交えた数羽が赤いエゾニワトコの実を食べている姿が観察されたとの情報がありました。

この先幼鳥を見る機会はまだありそうです。

クロツグミは10月上旬に南に渡って行きますが、それまではあまり行動が目立たなくなります。

 

センダイムシクイ

今日も時々囀りが聞こえてきましたが、つり橋から栗の木デッキにかけてと登山道入口周辺、そして森の家周辺で見る機会が比較的多いです。

センダイムシクイは早ければ来週、お盆を過ぎて8月下旬までに南に渡っていなくなります。

センダイムシクイが見られるのも今年はもうあと少しです。

 

コルリ

今週は観察情報がありませんでした。

まだいるはずですが、よほど運がいいか粘らない限りは見ることは難しいと思います。

 

カワラヒワ

園内でよく見られます。

 

イカル

囀りや地鳴きを聞くことも少なくなってきましたが、この先も10月までは時々観察されると思います。

 

アオジ

園内を歩いていると笹薮から「チッ チッ」という声が聞こえ、姿が見られることもあります。

 

ホオジロ

今週はトイレ横法面で2羽が観察されましたが、今年はほんとうにホオジロを見る機会が例年より少ないです。

 

ウグイス

囀りを聞かなくなりました。

「ヂッ ヂッ」という地鳴きは時々聞くことがあります。

 

ヤブサメ

こちらも囀りは聞かれなくなりましたが、笹の中から「ジュッ」という鳴き声がしばしば聞かれたり、道を低くまっすぐ飛んで横切ったりと、姿が見られることも意外とあります。

 

メジロ

声を聞く回数は多いですが、なかなか低い位置に降りてきません。

しかし、メジロの囀りは9月まで聞くことがあり、他の鳥が囀りをしないこれからの時期はメジロの声に気づきやすいです。

 

キセキレイ

森の家の周りに時々来ていますが、来てもすぐにいなくなります。

 

モズ

今週は情報がありませんでした。

 

アオバト

声はまだ聞くことがあります。

 

キジバト

道路沿いを中心によく見られ、「デデー ポーポーッ」という声もよく聞かれます。

 

ツツドリ

今週は声を聞くことがありませんでした。

 

ハリオアマツバメ

今週も何度か観察されました。

 

オオタカ、ハイタカ

今週は観察情報がありませんでした。

 

 

 

留鳥情報

クマゲラ

8月4日朝6時過ぎに藻岩山方面から「プルプルプル」という声が聞こえ、廃屋付近で声がとまって「キィーッ」と鳴き声が聞こえました。

旭山にはしばしば来ているようですが、観察情報は少ないです。

 

オオアカゲラ

今週は観察情報がありませんでした。

 

アカゲラ

幼鳥は今週もよく見られています。

 

コゲラ

観察機会は多いです。

 

ヤマゲラ

今週も観察情報はありませんでした。

 

ハクセキレイ

噴水広場周辺で時々見られます。

 

キクイタダキ

今週は観察情報がありませんでした。

 

シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ

シジュウカラは幼鳥がだいぶ成長し、黄色みがほとんどなくなりました。

カラ類は見られる機会は多いです。

 

ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ

よく見られます。

写真は幼鳥と思われる個体で、鳴き声が少し違いました。

ヒヨドリ2019年8月10日

 

 

セミ

今年はエゾゼミ・コエゾゼミが少なく、鳴き声が時々聞こえる程度です。

アブラゼミは普通にいますが、昼間はあまり鳴かず、夕方近くになってから本格的に鳴き声を聞くようになります。

 

 

 

次回は8月17日土曜日に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られることを願っております。

« »