開花情報 – 百合が原公園 ユリ開花情報

ここ最近の雨のせいか、今までの猛暑が嘘のように、朝晩も涼しく過ごしやすくなってきましたね。今年は昨日8月8日が「立秋」。暦では秋の始まりを表していますが、「恵みの雨」のおかげで、百合が原公園「世界の百合広場」では、さまざまなユリが元気に開花しています。

タキユリ

タキユリ(ユリ科 ユリ属)

花は大輪で、薄桃色の手毬形です。下向きに咲き、徳島や高知、長崎に自生しています。

 

シロカノコユリ

シロカノコユリ(ユリ科 ユリ属)

こちらはシロカノコユリ。シラタマユリ(白玉百合)とも呼ばれています。花びらは純白で真ん中に薄緑の筋があり強く反って咲きます。花びらには白い突起があります。

 

シマカノコユリ

シマカノコユリ(ユリ科 ユリ属)

こちらのマカノコユリは、鹿児島県の甑島(こしきじま)で発見されたことから「島(シマ)」の名前がつき、「島鹿の子百合」になったと言われています。

 

【百合が原公園】

場所:百合が原公園「世界の百合広場」

料金:無料(有料施設は除く)

開園日時:終日入園可(但し、有料施設は除く)

駐車場:無料(20時00分から翌6時00分は閉門)

 

このほかにもダリアやムクゲ、コスモスなども見頃を迎えています。

ぜひ百合が原公園に、お好みの花を探しにいらっしゃいませんか?

« »