自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報2019年8月3日(土曜日)

毎週アップしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年8月3日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

今週のトピックス

オオルリ

本日8月3日、つり橋右岸側上流でオオルリの「ぐぜり」=不完全な囀りを聞き、幼鳥を確認しました。

今日は写真は撮れなかったですが、毎年双子沢川沿いから森の家にかけての辺りで8月に幼鳥が時々見られます。

 

クロツグミ

今日、雄の個体が栗の木デッキ付近のシラカンバの低い枝で囀りをしていましたが、近づくとすぐに飛び去り、少し遠くの木に移動してまた囀りを始めました。

クロツグミはまだ時々、主に朝に囀りを聞くことがあります。

幼鳥の観察情報はまだ少ないですが、この先見られる可能性が低からずあります。

 

センダイムシクイ

幼鳥連れの群れがつり橋周辺から森の家にかけての辺りでよく見られます。

他の鳥がほとんど囀りしなくなった中、センダイムシクイの「チヨチヨビー」だけはよく耳にします。

写真はつり橋で撮影したもので、幼鳥と思われます。

センダイムシクイ2019年8月3日

 

 

今週のシマエナガ

エナガ(亜種シマエナガ)

先週は双子沢川周辺で何度か観察情報がありましたが、そのすべてが他のカラ類がいる時に一緒にいたものでした。

まだ見られる機会は多くなってはいないです。

 

 

夏鳥情報

キビタキ

囀りをまったく聞かなくなりましたが、「ヒッヒッヒッ キュルキュル」という地鳴きが時々森から聞こえてきて、姿も見られることがあります。

また今週は、幼鳥を観察したという情報が何件か上がっています。

 

コサメビタキ

先週から今週にかけて、森の家近くでの観察情報が多く、特に7月28日、29日は、1時間おきに森の家前の階段付近に数羽が来て採餌する姿がじっくりと観察でき、幼鳥の姿も見られました。

ただ、8月に入ってからその場所に現れる頻度が減り、「ツィーッ ツィーッ」という地鳴きも、先週はいつもどこかから聞こえてきていたくらいでしたが、ここ数日は時々聞ける程度です。

コサメビタキは10月に入る頃まで見ることができます。

 

コルリ

今週は観察情報がありませんでした。

 

カワラヒワ

園内でよく見られます。

 

イカル

7月30日には囀りを何度か聞きましたが、8月2日は囀りを聞きませんでした。

イカルは10月まで滞在していますが、この先まだ旭山に頻繁に来るのかどうかはちょっと分かりません。

 

アオジ

笹が脇にある園路沿いを歩いていると「チッ チッ」という声が聞こえたり、地面低く飛んだり笹の中に逃げて行くアオジの姿を見たりすることがよくあります。

写真は7月29日に撮影した幼鳥です(トリミングしています)。

アオジ幼鳥2019年8月3日

 

ホオジロ

囀りは聞かれず、噴水広場周辺で時々見られたくらいで今年はホオジロを見る機会が少ないです。

 

ウグイス

ウグイスも囀りをほとんど聞かなくなり、いよいよ鳥たちの囀りも終わりが近づいてきました。

ウグイス自体は10月下旬まで滞在しています。

 

ヤブサメ

囀りはほとんど聞かれなくなりましたが、笹の中から「ジュッ」という鳴き声がしばしば聞かれたり、道を低くまっすぐ飛んで横切ったりと、姿が見られることも意外とあります。

「ヤブサメはめったに見られない」と思い込まないで、音や気配がしたら笹の中をのぞくように探してみることをおすすめします。

 

メジロ

声を聞く回数は多いですが、なかなか低い位置に降りてきません。

写真は、ミズキの実を食べに来ていたメジロで、この時3、4羽いました。

メジロは接する機会は多いです。

メジロ2019年8月3日

 

キセキレイ

第2駐車場周辺で時々見られ、時々、森の家から声が聞こえるくらいの辺りまで来ることがあります。

 

モズ

今週は情報がありませんでした。

 

アオバト

声はまだたまに聞くことがある、という程度で、低い位置になかなか降りてきません。

 

キジバト

道路沿いを中心によく見られ、「デデー ポーポーッ」という声もよく聞かれます。

 

ツツドリ

今週はほとんど声を聞くことがありませんでした。

 

ハリオアマツバメ

今週も何度か観察されました。

 

オオタカ、ハイタカ

今週は観察情報がありませんでした。

オオタカやハイタカは、秋口になると低い位置で見られる機会が増えてきますが、そろそろです。

 

 

 

留鳥情報

クマゲラ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

オオアカゲラ

今週は森の家周辺での観察情報がありました。

 

アカゲラ

幼鳥は今週もよく見られています。

 

コゲラ

観察機会が多いです。

 

ヤマゲラ

今週も観察情報はありませんでした。

 

ハクセキレイ

噴水広場周辺で時々見られます。

 

キクイタダキ

今週は観察情報がありませんでした。

 

シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ

これらが一緒になった混群がよく見られ、幼鳥もまだ大人の色になりきっていません。

ここの群れにセンダイムシクイとコゲラが混じることが多く、メジロとヒヨドリも混じります。

そしてシマエナガも近くにいることもあります。

 

ヒガラ

ヒガラだけは他の「カラ類」と一緒に行動することは少なく(ないことはない)、ヒガラだけで針葉樹に来る姿がしばしば観察されています。

 

ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ

よく見られます。

 

 

 

 

次回は8月10日土曜日に上げる予定です。

なお、8月10日は第2土曜日ということで、朝8時より定例野鳥観察会を行います。

当日のご参加も受け付けております、参加費100円です。

お待ちしております。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られることを願っております。

« »