自然情報 – 旭山記念公園 旭山記念公園野鳥情報2018年3月4日(日)

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年3月4日(日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

なお、今週は火曜日まで及び本日だけの情報となります、ご了承ください。

 

◎今週のシマエナガ情報

今週は森の家の周り、特に第2駐車場から藻岩山登山道入口付近にかけての辺りでよく見られましたが、その辺りがシマエナガの通り道のようです。

群れではあまり行動しなくなり、声を拾って追うことが難しくなってきましたが、それだけ余計に

シマエナガの情報は森の家までお越しください。

外の掲示板には1週間のシマエナガの動向をまとめて毎週更新している「シマエナガ出没情報マップ」を掲出しています。

また、シマエナガ観察のこつをまとめた「旭山のシマエナガ」A4横二つ折り文書も無料で配布しております。

 

 

◎トピックス

・ノスリ

3月4日(日)、公園内でノスリを撮影された方が3人森のいえに来られました。

このところ目撃情報がなかったノスリですが、まだ辺りに滞在していたようですが、越冬したとなるとこの先も見られると思われます。

旭山では例年4月から5月にかけて一時的にノスリがよく見られ、その後夏が終わるまでは稀な観察情報があるだけになりますが、今年はそれが少し変わるかもしれません。

 

・ハチジョウツグミ(ツグミ亜種)

今週も見られましたが、週の後半になってからの観察情報はなく、もういなくなった可能性もあります。

 

・イスカ

公園内で見たとの情報がありましたが、その時もそれ1回のみの通過だったようです。

イスカはゴールデンウィークまで見ることができますが、年によって数や見られる時期が違い、昨年は4月に何度か通過しただけで滞在はしていなかったようです。

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・キクイタダキ

このところ見られる頻度が落ちてきていますが時期的にはまだ見られる頃です。

 

・ツグミ

園内でよく見られ声も聞かれますが単独か数羽です。

 

・マヒワ

今週も鳴き声はよく聞かれ、風の丘付近や森の家裏のカラマツによく来ます。

 

・ウソ

声を聞く機会は比較的多いですが、近くでの目撃情報はあまりありません。

 

・シメ

第1駐車場周辺で比較的よく見られます。

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

3月3日(土)、第1駐車場入口近くにあるドロノキで「ピュー」「ヒュ」というような声で他の鳥の鳴き真似をする姿が観察されました。

なお、この写真はその時のものではありません。

20180304Kakesu

 

 

◎留鳥情報

・クマゲラ

今週は園内の近くで見られたという情報はありませんでしたが、声は主に藻岩山方面から時々聞こえてきます。

 

・ヤマゲラ

今週も比較的よく声が聞かれ、観察する機会も引き続き多くなると思われます。

 

・アカゲラ

園内西側エリアでよく見られますが、そろそろドラミングも聞こえてくるようになりました。

しかし雄同士のけんかはまだ観察されていません。

 

・オオアカゲラ

雄の個体が散発的に公園内や都市環境林で観察されています。

 

ハクセキレイ

噴水広場付近から住宅街側で相変わらず声をよく聞きます。

 

 

・シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

次回は3月10日(土)の午後に上げる予定です。

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

« »